• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

愛でさえあればすべての課題に勝てる!

イラン人にとって結婚は何か

2013年10月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 結婚と宗教は密接な関係を持っています。多くの宗教――特にイスラム教――は婚姻関係にない者が性関係を持つことを禁じているからです。

 イスラム教における結婚の重要性を象徴しているのは預言者であるモハンマッドの伝承です。モハンマッド預言者は「結婚した人は、信仰の半ばを達成した」と語るぐらい、結婚を重視しました。残りの半分は「敬虔さ」を通じて達成することができるとモハンマッドは言いました。ちなみに、2回結婚したからといって信仰が完成するわけではありません。

 現在も、多くのムスリム国に「一夫多妻」制が存在しています。これを理由に、女性権利運動家がイスラム教を批判しています。イランは、一夫多妻制度を法律で禁じているわけではありません。法律上、一夫多妻を認めているケースがいくつがあります。妻が病気になり主婦や妻としての役割を果たせない時。夫が他の女性とも結婚することを、妻が許可する場合などです。

 しかし、実際に複数の女性と結婚している男性は多くはありません。上の例はあくまでも法律上の話で、現実は異なります。

 現在のイランでは、複数の女性との結婚はもとより、婚姻率でさえ下がりつつあります。特に若者の婚姻率が低下しています。80年代生まれの若者は人口の49%を占めます。彼ら・彼女らの婚姻率が2年前から、前年の実績を割り込むようになりました。さらに、若者の離婚率は上昇し、0.2%となっています。

 イランでは宗教が日常生活の至る所まで影響を与えています。であるにもかかわらず、イスラム教が重視している「結婚」が減っているのはなぜでしょうか。

 その理由として次のことを挙げることができます――婚姻関係にない男女の性関係が許容されるようになった、結婚式にかかる費用が高い、失業率が高くに経済的に不安。失業や経済的な不安については「産め、産むな、産め…もう子供なんか欲しくない!」の回で紹介したので、今回は婚姻関係にない男女の性関係とイランの結婚式について紹介します。

愛だけですべての壁を乗り越える!

 世界の他の国と同様に、イランも昔から愛を大事にしてきました。それは文学の中によく表われています。

 イランの文学に登場する恋愛は結局結ばれずに終わります。「シリンとファルハド」そして「レイリーとマジュヌン」は純粋な愛を育んだ恋人同士として知られています。「シリンとファルハド」の物語で、男性のファルハドは愛する女性シリンに会うためにいろいろな努力をしたものの、最後にシリンの死の噂を聞き、自殺しました。このようにイラン人は、、「愛」のためにすべてを捧げるという考えを大事にしていました。

コメント1件コメント/レビュー

イスラム教には、人間の自然な欲求を強く制限する掟が非常に多いように見える。社会の秩序を守るために必要として生み出されたのだろうが、自由を制限しすぎているものが目立つ。結婚と言う形以外に男女の関係を認めないというのも、無秩序な男女関係や、犯罪的な性行為を律する目的に沿ったものかもしれないが、自由な恋愛までも規制するのは行き過ぎだし、イランでも実際その制限を逃れて暮らすことが認められつつあるという。こうしたことはイスラムの教え全てに言えることで、頑なに戒律を唱えるだけで、その運用を現実に即して変えてゆくことをしない(ように見える)ことに疑問を感じる。カトリックの教皇のような権力支配と分離した宗教権威がイスラム教にも存在すればまた違うのではとも思うが、仏教などそんなものは無くとも柔軟に時代に即して対応している。理由はわからないし、そうした点がイスラム教に対して警戒心を強くさせる。(2013/10/17)

「100%イラン視点」のバックナンバー

一覧

「愛でさえあればすべての課題に勝てる!」の著者

サイードレザ

サイードレザ(えってはでぃー・さいーどれざ)

コラムニスト・翻訳者

イラン生まれ。テヘラン大学外国語学部日本語学科卒業。韓国のインハ大学院政治・国際関係を専攻。現在、東アジアを中心にイランの通信ネットワークにて記事を寄稿。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

イスラム教には、人間の自然な欲求を強く制限する掟が非常に多いように見える。社会の秩序を守るために必要として生み出されたのだろうが、自由を制限しすぎているものが目立つ。結婚と言う形以外に男女の関係を認めないというのも、無秩序な男女関係や、犯罪的な性行為を律する目的に沿ったものかもしれないが、自由な恋愛までも規制するのは行き過ぎだし、イランでも実際その制限を逃れて暮らすことが認められつつあるという。こうしたことはイスラムの教え全てに言えることで、頑なに戒律を唱えるだけで、その運用を現実に即して変えてゆくことをしない(ように見える)ことに疑問を感じる。カトリックの教皇のような権力支配と分離した宗教権威がイスラム教にも存在すればまた違うのではとも思うが、仏教などそんなものは無くとも柔軟に時代に即して対応している。理由はわからないし、そうした点がイスラム教に対して警戒心を強くさせる。(2013/10/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長