• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界の中央銀行に「女性の時代」本格到来

日銀に女性総裁は誕生するのか?

2013年10月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オバマ米大統領は10月9日、米連邦準備理事会(FRB)の次期議長にジャネット・イエレン副議長を指名した。上院での承認人事で問題は生じないとみられており、ベン・バーナンキ議長が来年1月末で退任した後の翌2月1日、1913年以降、100年に及ぶFRBの歴史上で初めて、女性の議長が誕生する見込みだ。

「女性比率」を意識するオバマ政権

 金融政策を決定する中央銀行の上層部に有能な女性を積極的に登用するという点において、米国の実績には抜きん出たものがある。FRBで定員が7名の理事における「女性比率」を計算すると、以下のようになる(欠員の補充がないという前提を置いている)。

<今年8月末のエリザベス・デューク理事(女性)退任まで>

  • 7名のうち3名が女性で「42.9%」

<現在>

  • 6名(欠員1)のうち2名が女性で「33.3%」

<近々見込まれるサラ・ブルーム・ラスキン理事(女性)の財務副長官への転出後>

  • 5名(欠員2)のうち1名が女性で「20%」

 このほか、FRB理事の欠員を補充する問題でも、女性のラエル・ブレイナード財務次官(国際問題担当)が理事候補として検討されていると、複数の米有力メディアが報じている。

 また、ワシントンポストによると、ブレイナード次官に加えて、女性の元財務次官補(経済政策担当)で現在は大学教授を務めているジャニス・エバリー氏もFRB理事候補に挙がっているという。オバマ政権は、FRB理事の「女性比率」をあまり落とさない意向のようにうかがわれる。

 以上はFRBの理事についての考察だが、米国の場合、12の地区連邦準備銀行(地区連銀)の総裁も、米連邦公開市場委員会(FOMC)における金融政策の討議に参加し、一部は投票権を行使することによって金融政策運営に直接影響を及ぼしている。

 現在の地区連銀総裁12名のうち、女性はカンザスシティー連銀のエスター・ジョージ総裁と、クリーブランド連銀のサンドラ・ピアナルト総裁の2名で、「女性比率」は16.7%である。ただし、後者は来年初めに退任する予定で、後任はまだ決まっていない。また、ニューヨーク連銀の総裁はFOMCで常に投票権を有するが、同連銀の総裁に次ぐポストである第一副総裁は、女性のクリスティン・カミング氏である

コメント0

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「世界の中央銀行に「女性の時代」本格到来」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本全体として若い世代にもっと所得の分配をしていくべきだと思う。

川野 幸夫 ヤオコー 会長