• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

見出し人間、まとめていいとも!

2013年10月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世の中は油断がならない。原稿を書き始めようとしたとたん「笑っていいとも!」終了の報が入ってきた。

 司会者についてはそのうち書くことがあるかもしれないし、書かないかもしれない。私は率直にいってこの人のことがデビュー時から好きだし、テレビ漬け人間としては色々と感慨もあるが、今は「語る」本も出て、長寿番組も終わって、誰もがいちばん氏のことを語りたい時期であろうから、あわてて乗っかることもない。……というか「タモリのことなら誰よりもオレがいちばんよくわかっている」と思っている視聴者は日本に10万2千人くらいはいる。そういう人であるから天下を取ったのである。

 とはいえ、いわゆる時事ネタとしては、リンゴの会社の新製品や新OSの発表と並び、昨日のウチのTLのいちばん大きなニュースではあった。こういうコラムを書いていると、そこはやはり気になるところなので、あれこれネット散策を始める。そもそも終了の報も、番組ではなく、ツイッターやネットニュースの類で知ったのであった。

 いわゆる「まとめサイト」なども見に行き、いつものように、あえて火種の元になるように仕向けている、予断を誘発させるタイトルや作為的な内容の編集に辟易とし、さらに、ただ最新の話題に乗っかりたいだけの大量のどうでもいい書き込みに嘆息しながらも、所々に貼り付けてある過去番組の動画リンクについつい引っかかってしまい、まあなんだかんだで、えらそうなことはいえないくらい楽しんだりもしたのだった。

 そうだった。いいともの話ではなくて、今回はまとめサイトとか見出しについて書こうと思っていたのだ。

 一口にまとめサイトといってもピンキリで、ネットの常として、たいていはUP主やコメント者の匿名性が高くなるほど遠慮はなくなり、柄は悪くなる。そういう場所でも玉がないとはいわないが、割合としては石のほうが増えていく。巨大掲示板に連動しているまとめサイトは、まとめ方もレスも、どう見ても悪意のほうが幅を効かせている。

 もとより、すべてに礼儀正しくあれよかしと聖人君子のようなことをいうつもりはない。ピンもキリも、何らかの存在理由があってしかたなく存在するのだ。

 ただ、好みや苦手はある。
 ちょっと前にこのコラムでも、なぜFacebookが苦手か、ということを書いた。実名主義の極のような、ピンキリでいえば一見ピンに見えるSNSだが、これはまた逆に、その実名主義ゆえに本音がいいづらくなり、コメント欄はリップサーヴィスの同意者で埋まりがちになる……という居心地の悪さがある。

 だからといって匿名性の高い2ちゃんに本音が集まっているとは考えない。

コメント9

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「見出し人間、まとめていいとも!」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員