• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エビの味の違いがわかるものだけが石を投げなさい

2013年10月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、ちょっと謝罪関係の話をしたかと思ったら、この一週間、ありとあらゆる場面で人が謝り続けているのだった。

 銀行が謝り、レストランが謝り、司会者が謝る。

 謝り方評論家、みたいな人まで出てきてWEBやTVで解説をしている。
 大人計画の映画じゃないんだから。

 もちろん、たいていは、いわゆる「企業のリスクマネージメント」というような、コンプライアンス的な観点からの評価だ。日経ビジネスオンラインも、なにせ日経でありビジネスなので、そうした記事が、まず真っ先に求められているものと考えられる。

 いっぽうマンガ家は……すまない、ひとくくりにしてはいけませんね……ええと私のようなマンガ家は、あいにく日本経済にもビジネスにも縁遠い生活をしているので、なかなか企業側の、つまり謝る側の論理に立てない。

 といって、あまりにも厳しく糾弾する側にも立てないのだが、このへんは、またあとで述べる。

 マンガ家はもっとふざけたことを考える。マンガ家だから。

「小笠原流礼法では、あと12度、角度が足りません」
「右端の人だけ頭を上げるタイミングが0.5秒早かったですね」
「オジギの間は息を止めていなければならないので苦しいのはわかりますが」
「江戸の町人文化で築き上げられた江戸しぐさには、マイクを持ったらうかつには向け合わないようにするマイクかしげ、という教えがあります(ハウリングするから)」

 有名司会者の謝罪会見における本人の弁もメディア側の質問も、これまでの彼の司会ぶりや世間の反応のしかたを省みれば予測のつくようなことばかりだ。ことこういう窮状に陥ったいまこそチャンスとばかり嵩にかかってバッシングするのは、いきすぎると見苦しい。

コメント30

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「エビの味の違いがわかるものだけが石を投げなさい」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トヨタ生産システムでは問題が出て当たり前なんですよ。

友山 茂樹 トヨタ自動車専務役員