• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

孫社長の後見役、笠井和彦さんを悼む

ソフトバンクの大勝負を支え続けた

2013年11月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 11月18日午後1時から、ソフトバンク前取締役、福岡ソフトバンクホークス前代表取締役社長兼オーナー代行の笠井和彦氏のお別れ会がホテルニューオータニで催される。

 笠井さんは10月21日、肺カルチノイドで急逝した。無理な取材にも親切に応じていただいたのが今も心に残っている。印象に残っている言葉を紹介させていただきたい。

孫正義社長と談笑する笠井和彦さん。孫社長は明るい色のネクタイを着けている

「孫さんが実績を重ね、銀行や市場の信頼を勝ち得たんだよ」

 昨秋、ソフトバンクは米携帯電話3位のスプリント・ネクステル買収を発表。正式に融資要請してからわずか1週間で、みずほコーポ銀などメガ3行とドイツ銀行は、総額1兆5000億円規模の融資を決めた。

 昨年ソフトバンクによるスプリント買収が明らかになると、株価は急落。株式市場はリスクに敏感に反応していた。しかし、ほどなく株価は回復し、11月16日の時価総額はおよそ9兆円。日本の上場企業でトヨタ自動車に次ぐ2位だ。

 その背景を尋ねると、笠井さんはこう答えてくれた。「孫さんが実績を積み重ねて、銀行や市場の信頼を勝ち得たんだよ」。

 笠井さんは1959年に富士銀行に入行し、同副頭取から98年に安田信託銀行(現みずほ信託銀行)会長に就任した。2000年に孫正義社長から三顧の礼でソフトバンクに迎えられてからは、その人脈をフルに生かした。決算など節目の度に、親子ほど年の離れた孫社長を旧知や後輩の金融機関の幹部に紹介して回っていた。そして、計画通りに有利子負債を削減するなどして、信頼を積み重ねていったという。大勝負の裏には地道な取り組みがあった。

 2000年頃のソフトバンクは携帯電話事業も手掛けておらず、「まだフラフラしていた」(孫社長)。2000年3月期の営業利益は83億円で、2013年3月期の100分の1ほど。周囲には反対の声があったが、笠井さんは熱心に誘う孫社長を信用し、転身を決めた。それは結果的に、ソフトバンクに信用力を与えることにもなった。

コメント1

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「孫社長の後見役、笠井和彦さんを悼む」の著者

大西 孝弘

大西 孝弘(おおにし・たかひろ)

日経ビジネス記者

1976年横浜市生まれ。「日経エコロジー」「日経ビジネス」で自動車など製造業、ゴミ、資源、エネルギー関連を取材。2011年から日本経済新聞証券部で化学と通信業界を担当。2016年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者