• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

これからの地震対策を内閣府に直撃!

東京オリンピックまでの防災未来予想図(1)

2013年11月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 南海トラフ巨大地震の想定で、最大M9.1という未曾有の巨大地震を打ち出した内閣府。今、2020年のオリンピックをひかえた東京でも、最大M8.5首都直下地震での想定を検討していると報じられた。一方で、「確度の高い地震の予知・予測は困難」とも発表され、気象庁や予知研究者は今後の動向をかたずをのんで見守っている。これからの日本の防災のあり方を、内閣府はどう考えているのか。“防災の鬼”が直撃した!

日本の防災の中心地・内閣府で“防災の鬼”が咆える!

 都心のオアシスともいえる、日比谷公園。その木々に臨む通りの向かいに、霞が関の官庁街が広がっている。

 “防災の鬼”防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏を待つライター水原は、通り過ぎる官僚たちを眺めていた。今回訪れた中央合同庁舎第5号館のロビーは意外と狭く、イスもない。セキュリティー上、そうなっているのは分かるのだが、どうにも居心地が悪い。

 「やあ水原くん。今日はいよいよ、日本の防災の中枢を直撃だね」

 意気揚々と現れた渡辺氏。今回のチームぶら防が訪れるのは、内閣府で防災を担当する「政策統括官(防災担当)」のオフィスだ。

 「今日、聞いてみたいのは、内閣府がこれからの日本の防災をどう考えているか、その全体像だよ。

 これまでのぶら防でも特集してきたけれど、東日本大震災は、国にとっても学界にとっても、それまでの想定を超える大災害になってしまった。そのトラウマから、今度は南海トラフ巨大地震の想定で、最大クラスの地震を考えよう、といって、歴史上に記録もないような超巨大地震まで被害想定を出した。

 2013年の春には発表されることになっていた首都直下大地震の被害想定は公表がずいぶん遅れているけど、ここでもM8.5という最大クラスの地震を考えようという方向に議論がまとまりつつあると毎日新聞が11月9日に報じているんだ」

 ええっ、もし首都直下でM8.5なんていう地震が起こったら、どうなるんですか?? 友人の親戚の証言なんですけど、関東大震災のとき飯田橋の日本歯科大学にいた教授たちは、地震の衝撃で体が飛び上がって、天井に頭をぶつけたそうです。でも、関東大震災を起こした大正関東地震でも、M7.9ですよね。

 「マグニチュードが1大きくなると、地震のエネルギーは約30倍になると言われているね。だから、M8.5の直下型地震では人が飛び上がるどころではすまない。

 仮にその証言が本当で、かつて体重60kgの人が天上に頭をぶつけたのだとしたら、今度は1トン近いトラック並みの重量のものでも飛び上がってしまうことになるからね。

 内閣府が2004年に出している首都直下地震の想定では、まだそこまで巨大なものを考えようという姿勢はなかった。それでも、最も被害が大きいパターンの<冬の夕方に東京湾北部を震源とするM7.3が起きた場合>で、死者1万1000人、建物全壊などが85万棟、経済的な被害は112兆円だとしていたんだ」

コメント5

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「これからの地震対策を内閣府に直撃!」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

水原 央

水原 央(みずはら・よう)

ライター/劇作家

東京大学理学部数学科卒業後、ライター、劇作家、ラジオ・パーソナリティとして活動する変わり種。現在は科学の知識を活かして地震や防災の問題をわかりやすく伝える記事を志し、奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長