• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

緊急寄稿:今、新国立競技場に何が求められているか

世界的建築家、槇文彦氏の警鐘

2013年11月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

槇 文彦(まき・ふみひこ)氏
1928年東京都に生まれる。1952年、東京大学工学部建築学科卒業。米クランブルック美術学院及びハーバード大学大学院修士課程修了。スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル、セルト・ジャクソン建築設計事務所、ワシントン大学のキャンパス・プランニング・オフィス勤務を経て、ワシントン大学とハーバード大学で都市デザインの準教授。1965年に帰国、槇総合計画事務所を設立し、東京大学教授も務めた。受賞歴多数。建築家最高の名誉とされるプリツカー賞を1993年に受賞。

 10月の下旬だったろうか。「日経ビジネス」の編集部から、現在話題になっている新国立競技場案についての寄稿を求められた。その依頼と同じ頃、日経ビジネス10月28日号が送られてきた。
 

 その中では今回、新国立競技場のコンペに当選した建築家、ザハ・ハディド氏、そしてその周縁でコンペに参加した人々の案をめぐる話が、建築ジャーナリストによって建築にそれほど詳しくない人々にもわかり易く解説されていた。しかし、そこから読者が得られる情報は、今後の実施案への展望も含めて極めて限られたものであった。
 

 日経ビジネスの読者が新国立競技場案をめぐる情報の中で、何を本当に知りたがっているか、或いは知るべきであるのか。その観点から更なる議論を編集部が求めていた事を知り、その要請を応諾した経緯がある。

 先ず簡単に現在までの新国立競技場をめぐる様々な展開を月日を追って通観してみると、9月8日のブエノスアイレスで2020年に東京へのオリンピック招致決定する以前、そしてその後10月中旬頃までの期間、更にその施設の総工費の概算値が発表された以降の3つの段階に分けて説明していくのがいいと思う。

 周知のように今回、日本はオリンピック招致都市が決定される以前に新国立競技場の案を国際コンペによって決定し、それをIOC(国際オリンピック委員会)に提示するという作戦をとった。2016年開催のオリンピック招致に際して起きたメイン・スタジアムがコンパクト・オリンピックの理念に合致しないという批判に懲りたのか、今回は現国立競技場の敷地が選ばれ、当選案が昨年の秋に1枚のイメージと共にメディアを通じて公表された。たまたまその1枚の絵は、東京体育館を前景として周縁を含んだ鳥瞰図であった。

槇文彦氏が設計した「東京体育館」(東京都渋谷区)

コメント16

「東京五輪 点火」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長