• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

変貌を遂げるデータセンタービジネス

  • 中田 敦=日経コンピュータ

バックナンバー

2013年12月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さくらインターネットが2011年11月に北海道石狩市に開業した「石狩データセンター(DC)」が、早くも単月ベースの損益で黒字に転換し、開業から3~4年内には累積損益ベースでも黒字化できる見込みだという。これはデータセンター業界において、なかなか画期的な出来事だ。どう画期的なのか、他のDCと比較しながら説明してみようと思う。

 まず、さくらインターネットの石狩DCがどのような施設なのか、概要を確認しておこう。同社は2011年11月に、ラックを500台格納できるデータセンター棟を2棟建設して、石狩DCを開業した。もっともこの時点で、電源設備や空調設備、ラックなどが据え付けてあるのは1号棟だけ。2号棟は建物ができているだけで、中身は空っぽだった。需要に応じてサーバールームを拡張し、電源設備や空調設備などを順次追加する方針だったからだ。石狩DCには、このようなデータセンター棟を合計8棟分建設するスペースが確保してある。

さくらインターネットの石狩データセンター

 同社の田中邦裕社長によれば、2011年11月に営業を始めた1号棟の単月ベースの損益は、1年半後の2013年4月には黒字に転換したという。1号棟の営業利益率は30%近くにも達する見込み。そのため1号棟は、累積損益ベースでも残り2年程度、つまりは開業から3~4年内には黒字化する見通しだ。1号棟のサーバールームが順調に埋まりつつあることから、同社は2号棟へ電源設備や空調設備などを据え付けて、2013年11月から営業を開始する予定である。2号棟に関しても、3~4年での投資回収を見込んでいる。

 さくらインターネット石狩DCにおける黒字化のペースは、データセンター業界では異例とも言えるほど速い。これまでの業界の常識では、データセンターの投資回収には10~20年はかかるとされていたからだ。例えば、野村総合研究所が2012年11月に「東京第一データセンター」を開業した際には、「サーバールームが満床になるまで、8~10年はかかる」という見通しを明らかにしていた(関連記事)。データセンターは、稼働率が4~5割を超えてようやく単月ベースの損益を黒字化できる。累積損益の黒字化も、満床後でなければ難しい。

クラウドへの特化で売り上げを増やす

 なぜ、さくらインターネットの石狩DCは、投資回収期間が短いのか。理由は大きく二つある。一つは、ラック当たりの売上高が大きい「ホスティング」や「VPS(仮想プライベートサーバー)」「クラウド」の提供に力を入れていること。もう一つは、既存の施設と比べてデータセンターの消費電力効率が高く、サーバーの冷却コストなどを低く抑えられていることである。

コメント0

「ITウォッチャー from ITpro」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授