• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2020年東京オリンピック・マラソンコースぶらり防災探訪

東京オリンピックまでの防災未来予想図(2)

2013年12月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2020年のオリンピックをひかえた東京。だが、内閣府は最大M8.5という巨大な首都直下地震の新想定を検討していると報じられた。はたして日本は、東京は、それまでにどんな安心・安全策を講じられるのか? 防災の未来予想図を描くため、今回“防災の鬼”渡辺実氏が歩いたのは、42.195kmの東京オリンピックのマラソンコース!(移動はもちろん電車です……)そこには、多くの人が忘れてしまった関東大震災の歴史がつまっていた。

1964年、前回の東京オリンピックでマラソン選手たちが国立競技場をあとにした門は、現在「マラソン門」と呼ばれている。今回の起点はここだ

 「やあ、水原くん。今回はこの『マラソン門』を起点に、2020年東京オリンピックで予定されている42.195kmのマラソンコースぶらり旅に出ようじゃないか。

 本当なら、東京都の猪瀬直樹知事に東京オリンピックの防災について直撃するところなんだけど、いまの状況だとなかなかそういうわけにもいかないからね……」

 そう言って、渡辺氏は今回のぶらり旅の第一歩を踏み出した。1964年、前回オリンピックでの競技場の1つである東京・代々木の国立競技場。明治神宮外苑の一角に建てられたこの施設は、競技場としては二代目のものだ。

 初代の競技場は1924年、つまり大正13年に竣工した「神宮競技場」である。

 あれ、渡辺さん、大正13年ということは、関東大震災の翌年じゃないですか。

 「そう、いいことに気が付いたね。実は初代の神宮競技場の建設は関東大震災で一度、ストップした。というのも、この場所に被災者住宅が建てられたからなんだよ」

 あまり知られていないことだが、関東大震災の発災翌日、9月2日には、この神宮外苑に当時の内務省が臨時震災救護事務局を開設している。陸軍の携帯用天幕、つまりテントを借りて、「天幕避難所」を設置。

 最終的に陸軍携帯用天幕6000張、屋形天幕1000張を用いた、収容人員1万人という大規模な避難所だった。

 そのための土地の一部として、建設中だった神宮競技場の敷地も提供されたのだ。

 「関東大震災では20万棟を超える家屋が大きな被害を受け、生き残った人々はまず住むところを確保しなければならなかったんだ。

 大地震の後、ここ以外にも、皇居前広場や芝公園、越中島なんかに、いまでいう被災者用の仮設住宅を行政が用意したんだ。

 ただ、一方で都民が勝手に立てたバラックも多かったんだよ」

 記録によれば、神宮外苑で当時の東京市が運営していた仮設住宅は53棟。収容人数は6334人というから、かなり大規模な施設だ。だが、それでも溢れかえる被災者のすべてを受け入れることはできなかった。

現在の国立競技場の敷地は戦後、米軍の接収を経て、明治神宮から国に寄贈された。建物は1964年の東京オリンピックにあわせて建て替えられたものだ

 その後、帝都復興と歩調をあわせるように建てられた初代の神宮競技場。太平洋戦争末期には、徴兵を猶予されていた大学生たちが戦争に駆り出された学徒出陣の壮行会の舞台ともなった。国立競技場は戦争の暗い歴史も背負っているのだ。

コメント3

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「2020年東京オリンピック・マラソンコースぶらり防災探訪」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

水原 央

水原 央(みずはら・よう)

ライター/劇作家

東京大学理学部数学科卒業後、ライター、劇作家、ラジオ・パーソナリティとして活動する変わり種。現在は科学の知識を活かして地震や防災の問題をわかりやすく伝える記事を志し、奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック