• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本で「1円玉不要論」は広がるか?

物価目標「2%」を共有するカナダとの比較論

2013年12月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「1円玉」について、日本とカナダで対照的なニュースが出ている。それぞれの国の民衆が抱いている「金銭感覚」に絡む話であり、同時にそれは、インフレ期待が弱いか、強いか、の違いを象徴的に示しているエピソードだと言えるので、今回はこのテーマを取り上げてみる。

 まず1つ目は日本のほうの話題から。独立行政法人造幣局が1円玉および5円玉の本格的な製造を久しぶりに再開するというニュースだ。

損を出しても発行を増やす日本

 電子マネーやクレジットカードで少額の支払いを行う人が増えたことから、1円玉や5円玉の市中における流通高は、この5年ほど目立って減少している。市中から日銀に1円玉が戻ってくるようになってきたわけだ。そこで造幣局は流通目的の本格的な製造を、1円玉については2010年度から、5円玉については09年度からそれぞれ取り止めてきた。今は収集家向けの貨幣セット(写真参照)に入れるためだけに少量を製造しているにすぎない(13年度はそれぞれ100万枚だけを製造)。

このところ1円玉や5円玉は収集家向けの貨幣セットのためだけに製造されていた

 ところが、来年4月に消費税率が3%引き上げられることになり、その後には10円未満の端数が出る現金での支払いや釣り銭の受け取りが、これまでよりも増えることが確実と見られる。

 1989年4月に消費税率が3%で導入された際には、端数がつく支払いの増加によって1円玉や5円玉の市中流通残高が急増した経緯がある(図1参照)。この経験から、担当部局である財務省理財局は、金融機関や小売店への必要量の聞き取り調査の結果なども踏まえて、2014年度に1円玉や5円玉をどのくらい製造するかを決めるそうだ。発行量は数億枚の規模になるとも報じられている。

 もっとも、日本の1円玉は現在、「逆ザヤ商品」になっている。「最近は原料になるアルミニウム地金の価格が高く、1円玉の製造コストは2~3円。『つくればつくるほど採算割れの状況』(理財局幹部)」(11月29日付の日本経済新聞)、「1円硬貨はアルミニウム製で、重さはぴったり1g。アルミ地金の価格は1kg当たり200円台の前半で推移しており、1gに換算すれば0.2円強となる。1円硬貨を鋳つぶしても利益は出ないが、鋳造コストが1~2円ほどかかっているとの見方が多く、作れば作るほど赤字が膨らむ『製品』なのだ」(「日経ビジネス」10月28日号)などと報道されている。

 ドル建てで取引されているアルミニウムの国際商品市場では、新興国の景気低迷などから供給過剰になっているうえに、一部報道によると、ロンドン金属取引所(LME)による規則改正が売り材料になっているようで、価格が下落基調にある。だが、円安・ドル高の進行で円建て価格が上がりやすいことに加え、上記のように原材料以外のコストの方がはるかに大きいとすると、年初に比べて15%というアルミニウム相場の下落程度では、「逆ザヤ」は到底解消しない。

コメント3件コメント/レビュー

昔々、円の下には銭の単位がありましたよね。50銭硬貨を駄菓子屋で使った記憶がありますが、その時はどういった形で銭の廃止を通り過ぎたのでしょうか。経済発展とインフレが先に有って自然に移行したのでしょうか。インフレ実現のためと言っても、日本人の、良く言えば繊細、悪く言えば細かいことにうるさい国民性は1円であっても粗末に扱う事(廃止論)を良しとはしないでしょうね。それはそのまま置いておくとして、インフレ誘導には、2百円硬貨、2千円2万円紙幣の積極流通を検討してはいかがでしょう。2ユーロコインの様に海外には見栄えの良く持ちたい使いたいと思わせる硬貨が見受けられます。百円よりもかっこいい2百円硬貨を大量に流通させたら、ワンコインが100円から、2百円にレベルアップしないでしょうか。500円硬貨もなかなかいいのですが、まだ100円の存在感が消えるには至らないのと、500円との間のギャップが大きくて、一番使う硬貨は100円玉と言う状況から抜け出る感覚には無いですから。(2013/12/05)

オススメ情報

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「日本で「1円玉不要論」は広がるか?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

昔々、円の下には銭の単位がありましたよね。50銭硬貨を駄菓子屋で使った記憶がありますが、その時はどういった形で銭の廃止を通り過ぎたのでしょうか。経済発展とインフレが先に有って自然に移行したのでしょうか。インフレ実現のためと言っても、日本人の、良く言えば繊細、悪く言えば細かいことにうるさい国民性は1円であっても粗末に扱う事(廃止論)を良しとはしないでしょうね。それはそのまま置いておくとして、インフレ誘導には、2百円硬貨、2千円2万円紙幣の積極流通を検討してはいかがでしょう。2ユーロコインの様に海外には見栄えの良く持ちたい使いたいと思わせる硬貨が見受けられます。百円よりもかっこいい2百円硬貨を大量に流通させたら、ワンコインが100円から、2百円にレベルアップしないでしょうか。500円硬貨もなかなかいいのですが、まだ100円の存在感が消えるには至らないのと、500円との間のギャップが大きくて、一番使う硬貨は100円玉と言う状況から抜け出る感覚には無いですから。(2013/12/05)

私見では、1円硬貨はコスト論で言うなら素材変更してでも存続させるべきと考える。●計画インフレ期待論者に欠けている視点は、紙幣の問題だ。今年も時々報道があったが、2千円紙幣の流通が少ないことへの疑問を唱える記事を散見する理由は、自動販売機を含む紙幣読み取り装置の問題でもある。使い勝手が悪い2千円紙幣が追加されても、コスト増となる紙幣読み取り装置自体の改修が進まないことも一因とされる。仮にインフレを求めるのであれば、偽造紙幣も出始めていることから対策も兼ねて、既に長期化している現行紙幣の全てを刷新するべきだ。さすがに全紙幣となれば読み取り装置は対応せざるを得ない。さらに、インフレの有無にかかわらず、必要なものは5万円紙幣である。仮に現金で自動車クラスの高額品を買おうとすると札束を持ち歩くことになるが、体積が多くなり不便である。昭和33年に初めて1万円紙幣が発行されて、既に55年が経過している。計画外のインフレもその後発生しており、より高額紙幣が必要なことは自明であるのだが、実は、2千円紙幣発行以前から政府内でくすぶっているのが5万円紙幣である。が、これに抵抗しているのは、他ならぬ政府を構成する国会議員だ。今までなら3万円で済んだ祝儀や香典が、新紙幣発行で5万円に増額させられるという理由である。インフレ論者は、まずはこの抵抗勢力を押さえ込むべきなのだ。(2013/12/05)

現在カナダに住んでいます。確かに1セント硬貨は扱わなくなり、レジでの表示はセントまで出ますが(消費税HSTは13%)、現金の場合は10セント単位にして支払い、カードの場合はレジの表示通りです。為替レートにも寄りますが、カナダの物価は日本より高いと感じており、金額から言って10セントの占める割合が小さく感じますので、それ程損をしたとも思いません。また、プリペイドやクレジットカードが普及しており、1ドルのコーヒーを買うのもカードを使うのが当たり前で、お互いに現金をやり取りしたり、手持ちの硬貨が増えてくる面倒を避けるメリットもあります。クレジットカード払いも小さい金額であれば、ICタッチするだけでサインもいりません。店によっては現金払いのところもありますが、少数派です。1円の製造コストが1円より高いと言うことは、国の財政が悪化するのですから、これを廃止する事で、結果的に日本の景気回復に寄与すると言う観点を持ったほうが良いと思います。(2013/12/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

開発中の製品はすべて 私の頭の中に入っていますよ。

竹内 明雄 竹内製作所社長