• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新しいメディアに飛びついても問題は解決しない

ポスト「マス広告」時代のマーケティング(第4回)

2013年12月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業の経営に影響を及ぼす可能性のある時事的な話題を取り上げ、国内有数のビジネススクールの看板教授たちにそのインパクトを読み解いていただくシリーズ。

 今シリーズのテーマは「ポスト『マス広告』時代のマーケティング」。マス広告を通じて大量生産・大量販売するという従来の方法が機能しなくなっていると言われる。そうした中、企業のマーケティングや経営戦略はどうあるべきなのか。国内ビジネススクールの教壇に立つ4人の論客に、リレー形式で登場し、持論を披露してもらう。

 今回は、一橋大学大学院国際企業戦略研究科の藤川佳則准教授の見解を伺う。同准教授は、モノとサービスを分けないという考え方を出発点とし、「価値作り」をキーワードに企業活動のあり方を解き明かす。そのうえで、マーケティングのあり方を変えるのは、メディアではなく、世界観のシフトだと説く。

(構成は秋山基=ライター)

一橋大学大学院国際企業戦略研究科の藤川佳則准教授(写真:陶山 勉)

 私は、マーケティングを「価値作り」という観点でとらえると、今、ビジネスの世界で起きている様々な現象を理解しやすいのではないかと考えています。

 近年では、価値作りに関する世界観が大きく変わりつつあります。「誰が、どのような種類の価値を、いつ最大化するのか」というロジックが、「モノ中心」の考え方から「サービス中心」の考え方へとシフトしつつあり、そのことがマーケティングのあり方に変化をもたらしています。

 世の中の経済活動はモノ中心に動いているという前提に立ち、モノとサービスを分けて考えようとする世界観を「グッズ・ドミナント・ロジック(Goods-Dominant Logic、以下G-Dロジック)」と呼びます。

 私たちは長い間、このG-Dロジックにとらわれてきました。モノとサービスは違うものであり、それぞれ分けて考えるべきだという「常識」は、日本人や日本企業の間に根強く残っています。

 しかし、現実の企業活動においては、既にモノとサービスを分けて考えることは困難になってきています。

コメント0

「MBA看板教授が読むビジネス潮流」のバックナンバー

一覧

「新しいメディアに飛びついても問題は解決しない」の著者

藤川 佳則

藤川 佳則(ふじかわ・よしのり)

一橋大学大学院准教授

一橋大学経済学部卒業。米ハーバード大学経営大学院でMBA(経営学修士)を取得、 米ペンシルバニア州立大学大学院でPh.D.(経営学)を取得。専門はマーケティング、サービス・マネジメント、消費者行動論。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

開発スピードは速くもなんともない。何が速いかと言えば、ジャッジですよ。

大山 健太郎 アイリスオーヤマ社長