• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

五輪選手村は大地震でどうなる!

東京オリンピックまでの防災未来予想図(3)

2013年12月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2020年のオリンピックをひかえた東京。まもなく内閣府は、巨大な首都直下地震の新たな想定を発表するという。はたして日本は、東京は、この事態を前にどんな安全・安心策を講じられるのか? “防災の鬼”渡辺実氏は競技会場や選手村など多数の施設が林立することになる湾岸地域に注目。もし未曾有の直下型地震が起きたら、この場所で何が起きるのか!?

選手村の建設予定地は、晴海五丁目だ。隅田川の河口に三角形に突き出した土地には現在のところほとんど人影がない

 かもめが舞う、東京・晴海の海岸沿い。海風に吹かれながら、“防災の鬼”渡辺実氏は語りだした。

 「ここに五輪を招致した猪瀬都知事も、何だか大変なことになってしまったね。まあ、しかし地震は政治がどうなろうと必ずやってくる。私たちはいつでも、自分たちの命を守るための安全・安心を考えておかないといけない」

 今回、チームぶら防が訪れたのは、2020年の東京オリンピックで選手村が建設される予定の、晴海五丁目。90年代までは、晴海の展示場(東京国際見本市会場)と呼ばれた広大なイベントスペースがあり、東京モーターショーなども行われていた土地だ。

 だが、当時から交通アクセスの不便さが指摘されていた。駅から遠く、主な交通手段は以前からずっとバスだ。チームぶら防が訪れた際も人影はほとんどなく、行き交う船や対岸の道路を走る車の喧騒ばかりが聞こえてきた。

 「今回のオリンピックの計画を防災の観点から見たとき、特徴的なのは、競技会場などの施設の6割以上が、こうした湾岸の埋め立て地に集中していることなんだ。東京のような過密都市で、新たに広い土地を確保しようと思ったら、埋め立て地のような“まだ使われていない土地”“まだ存在していない土地”を使うしかないからね」

 そう言いながら、難しい表情を見せる渡辺氏。いったい何が問題なのか?

コメント7件コメント/レビュー

地方公務員です。業務は直接の防災担当ではありませんが、災害時の呼び出し一番手という扱いです。(1995年の兵庫県南部地震。いわゆる阪神淡路大震災のときは、高校生でしたが神戸におりましたので、災害に対して関心は持ち続けています。) さて、大規模災害時においては、「防災」ではなく、「減災」が中心となるかと思います。事前に考えておくこと)でできる減災と、実際に起きたあとにとる行動でできる減災があるかと思いますが、事前に考えておくということは、「災害は忘れたころにやってくる」ではないですが、なかなか難しいところがある気がします。ただ、行政マンとしても、正直なところ災害時にできることが少ないというのは過去の経験からも言えるので、自助の部分(最低2日ぐらい自力で生き抜く)ことをどう助長すればいいとか。自助が期待できない災害弱者も考慮に入れないといけないのですが・・・。(おやさん)(2013/12/20)

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「五輪選手村は大地震でどうなる!」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

水原 央

水原 央(みずはら・よう)

ライター/劇作家

東京大学理学部数学科卒業後、ライター、劇作家、ラジオ・パーソナリティとして活動する変わり種。現在は科学の知識を活かして地震や防災の問題をわかりやすく伝える記事を志し、奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

地方公務員です。業務は直接の防災担当ではありませんが、災害時の呼び出し一番手という扱いです。(1995年の兵庫県南部地震。いわゆる阪神淡路大震災のときは、高校生でしたが神戸におりましたので、災害に対して関心は持ち続けています。) さて、大規模災害時においては、「防災」ではなく、「減災」が中心となるかと思います。事前に考えておくこと)でできる減災と、実際に起きたあとにとる行動でできる減災があるかと思いますが、事前に考えておくということは、「災害は忘れたころにやってくる」ではないですが、なかなか難しいところがある気がします。ただ、行政マンとしても、正直なところ災害時にできることが少ないというのは過去の経験からも言えるので、自助の部分(最低2日ぐらい自力で生き抜く)ことをどう助長すればいいとか。自助が期待できない災害弱者も考慮に入れないといけないのですが・・・。(おやさん)(2013/12/20)

地元民としては、やっぱり11月6日の渋谷区の対策の問題が気になりますねえ。桑原区長もそうだし、もしそれがどうにもならないのであれば都の防災担当(あちらは出世コース用のポストなので、それなりに優秀な人が居るはずです)に、渋谷新宿池袋等々の各ターミナル、あるいは九都県市の連携についてどうデザインを描いているのか、現場レベルでの実践は?、など。(2013/12/19)

渡辺様 お疲れ様です。地震という観点から見た防災対応については今までの記事を生かして、防災力を上げるしかないのでしょう。ですが、地震国にはさらに噴火という、別の考慮すべき観点があります。ニッポンの場合、鹿児島県の桜島、熊本県の阿蘇山、群馬県の浅間山、北海道の有珠山、長崎の雲仙岳、伊豆諸島の三宅島、小笠原諸島の西之島近海がここ30年程度で噴火した実績がありますね。(他にもあるかもしれませんが・・・)が、最近騒がれている今まで300年近く噴火していない富士山がやはり問題になると思います。なんといっても過去の文献からも富士山が噴火した場合、周辺の住居や工業地帯は壊滅状態でしょうし、日本の政治経済機能を持つ首都圏が灰まみれで、とくに電子産業などに大打撃を与えることは必定です。都市型火山の影響という観点から見ると、鹿児島県の桜島が近いのかな?とは思うのですが、標高が桜島の5倍である富士山はその被害想定が桁外れでしょう。地震と津波/富士山噴火と2本立てで企画を立てたほうがよろしいかと思います。(2013/12/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授