• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Bluetoothでスマホと連携、ウィルコムの新しいガラケーが面白い

  • 安井 晴海=ITpro

バックナンバー

2013年12月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ウィルコムが11月14日に発売した「WX12K」(京セラ製)

 ウィルコムがまた面白い端末を発売した。2013年11月に発売した京セラ製のフィーチャーフォン(従来型携帯電話機)「WX12K」である(関連記事)。最近はスマートフォンばかりがもてはやされ、フィーチャーフォンは存在感が薄い。日本で独自に進化したため「ガラパゴス」と揶揄された、いわゆるガラパゴス携帯(ガラケー)は、過去の遺物と考える人もいるだろう。

 その一方で、「電話をかけたり受けたりする」「電子メールを送受信する」といった基本機能においては、ガラケーの使いやすさを評価する人もいる。スマホとの“2台持ち”を実践している人も少なくない。そんな2台持ち用途に適したガラケーがWX12Kだ。スマホとBluetoothで接続(ペアリング)することで、ガラケーとスマホを連携させたさまざまな使い方が実現する。

 ただ、この連携が少々複雑なので、今回はこのWX12Kとスマホの連携機能を詳しく説明するとともに、そのメリットについて考えてみたい。

ガラケーがスマホの子機になる

 WX12Kとスマホを連携させて実現できる機能は、大きく3種類ある。(1)スマホの3G回線を使い、WX12Kから携帯電話番号で発着信、(2)WX12KのPHS回線を使い、スマホからPHS電話番号で発着信、(3)WX12KのPHS回線を使い、テザリングでスマホからインターネット接続―――である(図1)。

図1●WX12Kとスマートフォンの連携でできること

 回線につながるほうの機器を「親機」、その親機をBluetooth経由で操作するほうの機器を「子機」とすると、(1)はスマホが親機、WX12Kが子機、(2)と(3)はWX12Kが親機、スマホが子機という形になる。連携といっても親と子が入れ替わるので、説明するには少々ややこしいが、使ってみると混乱することはあまりない(どっちを手元に持つかが変わるので当たり前といえば当たり前)。

 ただし、これらの連携機能は、それぞれ使えるスマホと使えないスマホが存在する。その状況も含めて、それぞれの機能を順番に見ていこう。

コメント0

「ITウォッチャー from ITpro」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長