• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

民主主義は終わったのか

このコラムについて

フランシス・フクヤマの「歴史の終焉」から四半世紀が経つ。しかし2014年を迎えて世界を見渡してみると、自由民主主義はむしろ形骸化し危機を迎えているように見える。米国ではティーパーティー運動で政治機能が一時的にマヒ。欧州では経済統合が進む一方で、政治的には極右政党が台頭している。そして力を増しているのは中国やロシアといった新興国だ。今後、民主主義はどのような姿になっていくのだろうか。この潮流は日本の政治状況にどのような影響を与えているのか。気鋭の政治学者が考える。

記事一覧

著者プロフィール

中野 晃一

中野 晃一(なかの・こういち)

上智大学国際教養学部教授

1970年東京生まれ。東京大学文学部哲学科および英国オックスフォード大学哲学・政治コース卒業、米国プリンストン大学で博士号(政治学)を取得。専門は比較政治学。

記事一覧

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長