• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「あなたと結婚したい人は、全国に12000人います」!?

結婚相談所のデータを覗いてモテ・非モテを分析してみた

2014年1月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年始の新年会で、友人が「最近、結婚相談所ビジネスが大流行していて、ものすごく儲かっているらしい」と話していた。それが正しければ、それだけこの場所で結婚相手を探している人が多いということを意味する(ただし、後で数字を調べてみたところ、近年の業界大手の売り上げと利益率はほぼ横ばいのようだ)。

 未婚率が高まっているのは、昔社会に存在していたお見合いや政略結婚などの強制的なマッチングシステムがなくなったことに本質的な理由がある。そのため、放っておけば未婚率の高まりは今後とも続くことだろう。

 筆者は、結婚相手を探すのであればその合理的な場所は、合コンや婚活パーティではないと思っている。データとともに考えてみよう。

そもそも世界的に未婚率は上昇している

 未婚率の高まりは世界的な現象であって、ほぼすべての先進国において1950年代以降未婚率は上昇してきている。下記はアメリカの未婚率と日本の未婚率の推移を示したものだ。

出所:リンク

コメント5

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「「あなたと結婚したい人は、全国に12000人います」!?」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO