• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

首都直下地震“新”被害想定を読み解く

「国家存亡の危機」とは?(1)

2014年1月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 内閣府が2013年末に発表した首都直下地震の新被害想定は、猪瀬直樹前都知事の辞任問題、安倍晋三首相の靖国参拝などのビッグニュースにまぎれて、マスコミが時間をかけて報道・検証する機会を失ってしまった。東日本大震災からもうすぐ3年、薄れゆく防災意識のなかで、“防災ネタ”の優先度が下がってきているのは残念ながら事実のようだ。あの首都直下地震被害想定に穴はないのか、防災の鬼が今だからこそ検証。問題点がないかを探る。

突然ですが、ヘリに乗り込む渡辺氏。操縦桿を握るのは、日本赤十字飛行隊群馬支隊隊長、医師の塙光一氏だ。

 いきなりですが、ヘリに乗り込んだ”防災の鬼”。実は渡辺氏は、巨大地震などによる停電の際にも、地域の被災者が正確な情報を共有できるようネットワークを構築すべく、ボランティアの赤十字飛行隊と提携しているJ-DINS(NPO法人日本災害情報サポートネットワーク)の理事長でもあるのだ。

 「どうだい水原くん、空からの東京の姿は。今回は、この東京の行く末にかかわる、首都直下地震の新被害想定について考えてみようじゃないか。

 都知事の金銭スキャンダルや安倍首相の靖国参拝などなど、年末年始はニュースが目白押しで、新被害想定についての報道はあっという間に下火になってしまったよね。だが、本来はもっといろいろな専門家がマスコミなどを通じて意見を言って、問題点や課題を検証する、という流れを作っていかなければならないはずなんだ。

 今回は私が今回の被害想定で気になっている“落とし穴”を、ぜひ指摘してみたいと思う」

コメント6

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「首都直下地震“新”被害想定を読み解く」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

水原 央

水原 央(みずはら・よう)

ライター/劇作家

東京大学理学部数学科卒業後、ライター、劇作家、ラジオ・パーソナリティとして活動する変わり種。現在は科学の知識を活かして地震や防災の問題をわかりやすく伝える記事を志し、奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO