• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

鉄道だけじゃない!“向谷サウンド”

あなたの街を潤す「閃き」の舞台裏

2014年1月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

次々と閃く新プロジェクトで大忙しの日々を送ってます。(撮影:都築雅人)

 このたび、日経ビジネスオンラインで、コラムの連載を始めることになりました、向谷実です。どうぞ、よろしくお願いします。

 ワタクシ、向谷は、音楽家、会社経営者、鉄道タレント?などなど、いろんな肩書がありますが、このところは「ニコニコ生放送」の配信を通じて、仕事の一部を皆さんに直接、見ていただく機会も増えてきました。

 このコラムでは、そうした私の活動の原動力とでも言える発想の力というか、これまで自分の頭の中で「閃いてみた!」ことを、徒然に書いていこうと思います。

 第1回目は、「音楽家」としての範疇に入りますが、皆さんが知らず知らずの間に何気に聞いている、私の作ってきた音楽についてです。

勝手に曲を使われまくった「カシオペア」時代

 音楽家としては、2012年まで「カシオペア」というフュージョンバンドで、キーボードを担当していました。このバンドは歌のない、俗にいう「インストバンド」です。そこで演奏してきた楽曲は、切ったり、つなげたりされて、それはもう数多くのテレビ番組などのBGMに好き放題に使われてきましたので、知らず知らずのうちに皆さんもお聞きになったことがあると思います。

「えっ、曲を勝手に使われてしまう?」と驚かれる方も多いと思いますので、後日、この辺りのことはきっちりお話しするつもりです。

身動きも軽やかだったころのワタクシ。キーボード担当だってステージを走り回れたのでした(1983年ごろ)。

コメント3

「向谷実の 閃(ひらめ)いてみた!」のバックナンバー

一覧

「鉄道だけじゃない!“向谷サウンド”」の著者

向谷 実

向谷 実(むかいや・みのる)

ミュージシャン/音楽館社長

フュージョンバンド「カシオペア」のキーボード奏者時代の1985年に音楽関連事業を手掛ける音楽館を設立。今では鉄道会社向けに電車の業務用運転シミュレーターや発車メロディーなどの制作に携わる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック