• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍首相も失敗した リーダーに不可欠な「食べやすい言葉」とは

2014年1月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ダボス会議における首相の発言が、世界に大きな波紋を広げました。日中関係についての質問を受けた首相が、第1次世界大戦で戦う前の英独関係にたとえて説明したことを海外メディアが「日中衝突」と解釈・報道したのです。これに対して官房長官は「真意は衝突回避」だとし、なぜ誤解されたのか「全くわからない」としています。

 その後、「通訳が問題」説や「一部の発言だけ切り取られた」説、背景を知らないメディアの不理解、発言全文を読めば真意は伝わる、などという所に問題を帰結させようとする報道が続きましたが、コミュニケーションの観点から見れば、問題も再発防止策もはっきりしています。背景や真意なんて言葉を持ち出すから誤解が続くし、改善が図れない。問題はもっとシンプルな話です。

問題は単純なところから生まれる

 では問題は一体どこにあったのか。

 問題の解説をする前に、何があったのかを日経新聞の記事を引用する形で振り返ってみることにしましょう。

外国メディア関係者との懇談では、記者から「日中が武力衝突に発展する可能性はないのか」と問われた。首相は「今年は第一次世界大戦100年を迎える年だ。当時英独は多くの経済的関係があったにもかかわらず第一次世界大戦に至った」と指摘。そのうえで「質問のようなことが起きると、日中双方に大きな損失であるのみならず、世界にとって大きな損失になる」と強調した。

 新刊『なぜ経営者は「嘘つき」と言われてしまうのか?』でまさに解説している典型的な「話し手」と「聞き手」の間に起きる「誤解」がここに起きています。

 問題は、首相の発言自体にあります。具体的には首相の発言が曖昧だったこと。それに尽きます。

 どういうことか。

 聞き手(記者)の意識は「日中が武力衝突に発展する可能性はないのか」という質問の答えに集中しています。聞き手が待っているのはこの「質問に対する答え」です。

 しかし話し手(首相)はここで、第一次世界大戦の話を始めました。

 聞き手の頭の中は、「なぜ、今ここで第一次世界大戦の話をするのか」と混乱します。

 もちろん通訳(別の聞き手)もどういう流れになるのか意味が分かりません。結論が先に来ないと、どうつながっていくのか通訳するのも困難です。

コメント6件コメント/レビュー

いわゆる「ワンフレーズポリティクス」について大きく評価しているようですね。直接のメッセージではないですが、安倍総理の場合なら「アベノミクス」があたるでしょうか。なるほど一つの考えを広めるには大変有効な方法でありましょうが、単純な事しか伝えられない上に、たったワンフレーズの意味が人によって非常に多様化してしまうという大きな問題もありますね。また、マスコミは面白くなるならと意図的に誤解しますよね。真実の報道とは一体何なのでしょうか。(2014/01/28)

「なぜ経営者は嘘つきと言われてしまうのか?」のバックナンバー

一覧

「安倍首相も失敗した リーダーに不可欠な「食べやすい言葉」とは」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いわゆる「ワンフレーズポリティクス」について大きく評価しているようですね。直接のメッセージではないですが、安倍総理の場合なら「アベノミクス」があたるでしょうか。なるほど一つの考えを広めるには大変有効な方法でありましょうが、単純な事しか伝えられない上に、たったワンフレーズの意味が人によって非常に多様化してしまうという大きな問題もありますね。また、マスコミは面白くなるならと意図的に誤解しますよね。真実の報道とは一体何なのでしょうか。(2014/01/28)

身の回りにもいます。聞かれた事に答えない人が。「これは○○ですか?」と尋ねるとき質問者の求めているものは明らかです。でも、「私はまず△を検討して□も試してみたのですが・・・」と言った類の答えをする人が多い。「△だと××ですので・・・」と訊いて無い事をしゃべり始める人も多い。質問されただけで、不愉快になる御仁もいる。これは何を意味するのか。首相の発言もそうだが、シンプルな言葉のやり取りや、明快に言い切る事を良しとしない発言が社会ではごく普通に見受けられるし、その結果人生が複雑になっている例は枚挙にいとまがない。相手の質問の裏にある真意をくみ取る心理が本能的に働くのか?言葉足らずや曲解を予防したいが故に誤解を生む言い回しをしてしまうのか?コミュニケーションの手法からすれば、どうすればよいのか明らかだとは思うが、そのような直接的な言葉のやり取りが出来にくいのはなぜで、どうすればそれが避けられるのか、もっと深く掘り下げていただきたいと感じた。(2014/01/28)

食べやすい言葉、なるほど時宜を得た表現だ。トップセールスもダボス会議で演説するのもいい、がしかし日本の総理大臣だ。引き合いに取り上げる例題や引用には博学多才より滋味豊かさがより望ましい。どうしても語りたいのなら筆者の指摘するような指標をもって語ることだ。リーダー、トップだからいいじゃないかがあれば、それだからこそ正鵠を射た正しい伝達であって欲しい等々マスコミュニケーション機関においでの方々は、その立ち位置に絡み表現もいろいろだが、最近もその顕著な事例があった。新会長就任の記者会見なのに会長としてではなく私としてはと個人的意見を発言されても聞く方は困惑する。この方日本語を正しく聞き、正しく理解して答えたり喋ることのできる方なのかと思ってしまう。伝達されてこそメッセージ、伝え方は自分で意識すること、丁寧な説明と理解を得てと言うのは聞く方が思ったり感じたりすることだ。語り部は真実を、ものごとを、正しく伝え、そして繋いで行くことにつきると思うが如何。(2014/01/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長