• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

安倍首相も失敗した リーダーに不可欠な「食べやすい言葉」とは

2014年1月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ダボス会議における首相の発言が、世界に大きな波紋を広げました。日中関係についての質問を受けた首相が、第1次世界大戦で戦う前の英独関係にたとえて説明したことを海外メディアが「日中衝突」と解釈・報道したのです。これに対して官房長官は「真意は衝突回避」だとし、なぜ誤解されたのか「全くわからない」としています。

 その後、「通訳が問題」説や「一部の発言だけ切り取られた」説、背景を知らないメディアの不理解、発言全文を読めば真意は伝わる、などという所に問題を帰結させようとする報道が続きましたが、コミュニケーションの観点から見れば、問題も再発防止策もはっきりしています。背景や真意なんて言葉を持ち出すから誤解が続くし、改善が図れない。問題はもっとシンプルな話です。

問題は単純なところから生まれる

 では問題は一体どこにあったのか。

 問題の解説をする前に、何があったのかを日経新聞の記事を引用する形で振り返ってみることにしましょう。

外国メディア関係者との懇談では、記者から「日中が武力衝突に発展する可能性はないのか」と問われた。首相は「今年は第一次世界大戦100年を迎える年だ。当時英独は多くの経済的関係があったにもかかわらず第一次世界大戦に至った」と指摘。そのうえで「質問のようなことが起きると、日中双方に大きな損失であるのみならず、世界にとって大きな損失になる」と強調した。

 新刊『なぜ経営者は「嘘つき」と言われてしまうのか?』でまさに解説している典型的な「話し手」と「聞き手」の間に起きる「誤解」がここに起きています。

 問題は、首相の発言自体にあります。具体的には首相の発言が曖昧だったこと。それに尽きます。

 どういうことか。

 聞き手(記者)の意識は「日中が武力衝突に発展する可能性はないのか」という質問の答えに集中しています。聞き手が待っているのはこの「質問に対する答え」です。

 しかし話し手(首相)はここで、第一次世界大戦の話を始めました。

 聞き手の頭の中は、「なぜ、今ここで第一次世界大戦の話をするのか」と混乱します。

 もちろん通訳(別の聞き手)もどういう流れになるのか意味が分かりません。結論が先に来ないと、どうつながっていくのか通訳するのも困難です。

コメント6

「なぜ経営者は嘘つきと言われてしまうのか?」のバックナンバー

一覧

「安倍首相も失敗した リーダーに不可欠な「食べやすい言葉」とは」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者