• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国人の海外旅行は大変だ!

国の“信用”がないとこんなに苦労する

2014年2月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本のお正月はとっくに過ぎ去ったが、中国は1月31日に旧暦の新年(春節)を迎えたばかりだ。1月中旬から各地で “忘年会”が始まり、鉄道ダイヤも2月中旬まで帰省者のための特別編成が組まれている。ターミナル駅や空港が大混雑するなか、近年は1週間のお正月休みを利用して海外旅行に出発する人も少なくない。今や海外旅行は、豊かになった中国人にとって、1つのステータスであり、最大の娯楽といってもいいだろう。

 2013年、海外に出かけた中国人は延べ1億人を数えるという。その中には商用・会議なども含まれているが、何といっても爆発的に増加しているのが観光客だ。

 中国政府が自国民の海外団体旅行(香港・マカオを除く)を許可したのは1997年からなので、まだ20年足らず。それ以前は、海外への出国といえば政府機関など一部の特権階級に属する人だけに限られており、一般人にとっては国内旅行でさえ高嶺の花で、海外に行くことなど夢のまた夢だと思われていた。

 昨今は日本を始め、アジアや欧米各国などに大挙して押し寄せ、その自由奔放な立ち振る舞いが物議を醸すほど中国人観光客が世界中にあふれている…という印象があるが、彼らがどのような手順を踏んで、どんな思いで海外旅行に出かけているか、読者の皆さんはご存知だろうか?

 「いや、別にどうでもいい」という冷ややかな声も聞こえてきそうだが、今回、私は初めてこのテーマで取材してみて、その手続きの煩雑さに正直いって驚いた。彼らにとっての海外旅行は、我々日本人の想像をはるかに超える大変な一大行事だったのだ。そして、彼らの話を聞けば聞くほど、つくづく「日本人って本当に幸せだな。日本人でよかった」と心の底から思えるようになり、家の引き出しにしまってある「日本国」のパスポートに感謝したのである。

ビザを取ったことはありますか?

 そもそも、日本人が海外旅行に行くとき、ビザ(査証)の存在をどれほどの人が気に留めているだろうか?

 インドやロシアなど、日本人に人気の国でもビザが必要なところもある。だが、アメリカ(米国)やカナダ、EU各国、東南アジアの人気の観光地でビザを必要とするところはほとんどない。パスポートと数万円、そしてクレジットカードさえ持っていれば、今夜にでも飛行機に飛び乗って好きなところに行ける。そんなふうに思っている日本人もいるだろう。日本人の中には、「ええっと、ビザって何だっけ?」とキョトンとする人すらいるかもしれない。それほど日本人はどこにでも自由に行ける。

 ビザとは、その国に入国しようとする人が、入国にふさわしいかどうかを事前に判断する身元審査であり、その人物が入国しても問題ないという証書、お墨付きのこと。就労ビザ、留学ビザなどのほか、「visa on arrival」(到着時に現地の空港で取得できるビザ)などさまざまなタイプがあるが、当稿ではいちばん一般的な「短期滞在ビザ」に限定して話をする。

 外務省によると、日本政府が「相互取り決め」でビザを免除しているのは世界66カ国・地域に及ぶ。外務省のホームページを見ると一覧のリストが出てくるが、担当者によると、そのリストには入っていなくても、東南アジアは実質上、日本人のビザ免除措置を取っている国が多いのだそうだ。中国も現在は15日以内の短期滞在なら日本人はビザ免除だ。頻繁に、しかも突然海外出張を命じられる日本人ビジネスマンにとっては、ビザ免除は非常に便利なものだ。

 しかし、中国人が海外へ、となると事情が大きく異なる。日本とは真逆で、ビザが必要な国・地域がほとんどだといってもいい。ビザが必要でない国といえば、ドミニカやアフリカの一部などで、正直いって観光ではあまり行く気が起きないような国ばかり。つまり、海外旅行の候補となるような国ならば、どこに行くにもほぼビザが必要で、その取得過程も大変厳しい審査を伴うものなのだ。

 平たくいってしまえば、ビザの取得を要求する=その国(と国民)の信用度が低いことの表れであり、中国人の世界での信用度はまだまだなのだといえる。

信用絶大、日本のパスポート

 信用度で言えば、米国と並んで日本のパスポートは世界最強だ。私自身、海外に到着して入国カウンターに並ぶ際、同じ便で到着した日本人の列にさっと並ぶ習慣が自然とついている。どんな国に行っても、日本人なら通常、何の質問もされず、数十秒でいとも簡単に入国できるからだ。

 それに比べて中東系、インド系、中国系が並ぶ列、とくに赤ちゃんを連れた家族連れの審査は厄介だ。これは私は長年の経験から言える。

 では、常にビザを必要とされる当の中国人自身は、海外旅行にまつわる煩雑な手続きについて、どう思っているのだろうか? そして“海外での中国人の悪評”について本音のところは? 

コメント12件コメント/レビュー

 昔日本人が海外旅行中行儀の悪さとかの話がよく聞こえます。今の中国人旅行者(一部)でも同じことやっています。こういう発展段階のためマナー改善には時間が必要です。
 毛沢東時代(インバウンド)に国民の海外旅行でさえ認めなかった国がいま洪水のように海外へ旅行者を送り出している(アウトバウンド)ことを思えば、隔世の感を禁じ得ません。日本の経験からも分かるように経済、社会が発展するにつれて、環境もマナーもよくなります。
 21世紀の中国に対して自信を持ち楽観的なイメージや夢を抱いている中国人が圧倒的に多い。それは発展の原動力になります。
 日本礼賛は、自信のなさと言われます。自信を持ってほしいものです。礼賛とは、自己からのではなく、他人からのものです。自己礼賛の時点で他人から軽蔑されることは忘れてはいけません。中国人が礼賛しているのは自信のある、謙遜な人のみです(中国人だけでなく、一般的に言える)。(2017/03/20 11:50)

「再来一杯中国茶」のバックナンバー

一覧

「中国人の海外旅行は大変だ!」の著者

中島 恵

中島 恵(なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年、山梨県生まれ。1990年、日刊工業新聞社に入社。退職後、香港中文大学に留学。1996年より、中国、台湾、香港、東南アジアのビジネス事情、社会事情などを執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 昔日本人が海外旅行中行儀の悪さとかの話がよく聞こえます。今の中国人旅行者(一部)でも同じことやっています。こういう発展段階のためマナー改善には時間が必要です。
 毛沢東時代(インバウンド)に国民の海外旅行でさえ認めなかった国がいま洪水のように海外へ旅行者を送り出している(アウトバウンド)ことを思えば、隔世の感を禁じ得ません。日本の経験からも分かるように経済、社会が発展するにつれて、環境もマナーもよくなります。
 21世紀の中国に対して自信を持ち楽観的なイメージや夢を抱いている中国人が圧倒的に多い。それは発展の原動力になります。
 日本礼賛は、自信のなさと言われます。自信を持ってほしいものです。礼賛とは、自己からのではなく、他人からのものです。自己礼賛の時点で他人から軽蔑されることは忘れてはいけません。中国人が礼賛しているのは自信のある、謙遜な人のみです(中国人だけでなく、一般的に言える)。(2017/03/20 11:50)

観光地で働いています。中国人のマナーの悪さにはいつもビックリさせられます。一部の観光客しか私たちは見ていないのだと思いますがこの春節の時期、毎日日本語も英語も通じず中国語だけでなんとか押し通ろうとする彼らを見て国民性を疑っています。
ただこのコラムを読んで大変な苦労を重ねた上であえて日本を選んで来てくれているのだと思うと見方が変わりました。今までは、また中国人…と冷めた目で見ていましたが今後は苦労を重ねて日本に来てくれた事に感謝するつもりです。(2017/01/30 00:23)

筆者に無礼を承知で書き込む。小生は比較的近所であるのでよく箱根神社に参拝に行く。当然のように中国の観光客を多く目にする(聞き耳を立てているが、朝鮮語はあまり聞いた事がない)。観光地だから当たり前の光景ではあるが、昨今不思議に思うのは、見よう見まねで賽銭を投げ手を合わせる中国人観光客は、恐らくここが靖国と同系列の神社である事を全く気にしていないであろう事である。これが靖国と箱根神社を全く別ものととらえる無知から来るのか、そもそも中国人観光客レベルでは靖国問題とはその程度の取るに足らない些末な事象でしか無いのか、そのあたりをレポートいただければ幸いである。余談だが、ペットを連れて神社を参る日本人の増えた事に忸怩たる思いである。神社にケモノを連れて行っては穢れるという基礎知識を誰も教えてくれないのだろう。伝統の消失とはこの事か。悲しい現実である。せめて学校でその程度の事を教えられないものか……(2014/02/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長