• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソチ炎上、世界で話題になった五輪開催地の別の顔

五輪に関する報道はとても参考になります

2014年2月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いよいよソチ五輪です。世界の注目が集まる中、開幕前からすでに多くの人が現地から情報を伝えています。ソーシャルメディアが発達した今、競技はもちろんのこと、現地事情など競技以外の話題にも事欠きません。

 ソチは2020年の東京五輪開催が決まって初めてのオリンピック・パラリンピック大会です。おそらく6年後に東京五輪が開催される時、今回のソチと同じように東京は世界から注目を集め、東京の情報が海外の人たちに伝えられていくことでしょう。

 そう考えると、ソチ五輪に関する報道は宝の山です。東京五輪までに私たちは一体どんな準備をするのか、そのキーパーソンを決める都知事選で何を考えるのか。私たちにとっても重要な示唆がありそうです。

 今回はそんなテーマを、いつものように動画を見ながら考えてみたいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

トイレで注目を集めたソチ

 1月下旬、ソチの「ある写真」がネットで大きな話題になりました。BBCのモスクワ支局長が撮影しツイッターで投稿した、オリンピック会場にある1枚の一風変わった「トイレの写真」でした。

 そのトイレ、一体何が変わっていたかというと、2つの便器が間仕切りなしに並んで設置されていたのです。

 誰と並んで用を足すのか、どんな使い方をするのか、そもそもなぜ間仕切りがないのかなど謎が謎を呼び、瞬く間にあちこちのメディアが紹介して話題となりました。

 あまりにも反響が大きかったことから、BBCの番組でも本人がその写真を撮った時の様子を紹介しています(こちら)。

コメント3

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「ソチ炎上、世界で話題になった五輪開催地の別の顔」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック