• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

後継者はどのように「生まれる」のか

日本交通の川鍋一朗社長との対談で考える

2014年2月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ファミリービジネスの後継者は「引き継ぐことを決意する時期」や「そのときの後継者の姿勢」から、3つに分類できる。すなわち「事業を継ぐことを当然ととらえるケース」「学校卒業を契機に継ぐ意志を明確にするケース」「『継がない』から『継ぐ』に転じるケース」だ。このうち、「事業を継ぐことを当然ととらえるケース」の特徴や課題について、日本交通の川鍋一朗社長との対談を通じて考察する。
対談は星野リゾートの東京事務所で行った(写真:栗原克己、以下同)

川鍋一朗社長(以下、川鍋):私は物心ついたころからずっと、「大きくなったら、社長になるんだ」という目標がありました。

 このため、実は中学生くらいからそのためには何が必要かと考えていました。大学で体育会に入ったり、卒業してからは米国のビジネススクールに留学したりしましたが、それもすべて社長になるための準備でした。

 子供のころ、会社を継ごうと思うようになったきっかけは、祖父や父がよく取引先や有力者など色々な人を招いてホームパーティーを開き、その席で祖父や父が私のことを「これがウチの3代目だ。よろしくお願いします」と言って回っていたことです。そのときの祖父や父の振る舞い方を見ているうちに、「これこそが自分の将来のイメージだ」とすり込まれたところがあります。そして、「自分もいつか祖父や父のようにならなくてはならない」というイメージができていったと思います。

人に紹介されて将来を意識

星野:私にも同じような体験があります。

 祖父に軽井沢での探鳥会とかバードウオッチングの会などによく連れていかれ、お客さんに対して、祖父から「これがウチの跡継ぎです」と紹介されました。その意味では川鍋社長と全く同じです。後継者はもしかすると「人に紹介される」ということを通じて、将来を意識していくのかもしれないですね。

「跡継ぎ」として紹介
 ファミリービジネスには、会社の事業と経営者ファミリーが重なり合う部分がたくさんある。川鍋社長が子供のころに楽しんだ自宅庭でのホームパーティーや星野氏が子供時代に祖父に連れられて参加した軽井沢の探鳥会などのように、後継者は特別な意識をしていなくても、自然な形で家族と会社とが交差する経験をすることが多い。会社にかかわる大人の集まる場に、子供でありながら同席する機会を持つことは、ファミリービジネスの後継者ならではのことだ。その席で祖父や父によって、「ここにいるのがウチの跡継ぎだ」と紹介されることによって、後継者は会社とファミリーのつながりを自然な形で知るようになる。そしてそれが自分の目指すべきポジションを意識するきっかけになる。

川鍋:本当にそうです。当時のホームパーティーはにぎやかであり、子供心にはそれが楽しかったのです。大人の社交の場というイメージは強く、そこに外国人が来ていると、英語が飛び交っていたりもしました。だから、「英語を身につけるには、いつか米国に行かなくてはならないな」と思うようになりました。

川鍋社長

星野:すると、誰かに「留学してはどうか」と言われたわけではないのですね。

川鍋:中学生のころになるともう、自分から「留学しなければならない」と思っていました。そして、高校3年のときにまず1カ月間、英国に行きました。米国にはもっと先に本格的に留学しようと思っていたので、「まずは欧州のほうがいいかな」と思ったのです。

コメント0

「星野佳路と考えるファミリービジネス」のバックナンバー

一覧

「後継者はどのように「生まれる」のか」の著者

星野 佳路

星野 佳路(ほしの・よしはる)

星野リゾート代表

1960年長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、米コーネル大学ホテル経営大学院に進学し、修士号取得。88年星野温泉旅館(現星野リゾート)に入社。いったん退社した後、91年に復帰してトップに就任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長