• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

好景気と「スイーツブーム」の関係は?

喜べない?チョコレート消費増

2014年2月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 身近なブームと景気の良し悪しの間に、何か関連性はないのだろうか。

 筆者はこれまで、高校野球におけるアイドル的な存在の球児と、人気女性アイドルについて、本コラムで取り上げてきた(2013年10月11日配信「『不況期の甲子園アイドル』消滅の謎」、2013年12月27日配信「お好みは『正統派』?『セクシー系』?」)。

 そこで今回は、様々な“スイーツ”のブームがどういった景気局面で過去に起こったのかを調べてみた。また、甘さの正反対である「激辛」の食べ物が流行った時期についても、あわせて表にしてみた(図1参照)。

図1:景気の拡張局面・景気後退局面と各種「スイーツブーム」「激辛ブーム」の時期比較
景気拡張局面景気後退局面
第9
循環
77年11月~80年2月
  • ○77年~ クレープ
80年3月~83年2月
第10
循環
83年3月~85年6月 85年7月~86年11月
  • ◆86年 カラムーチョが火付け役で「激辛ブーム」広がる
第11
循環
86年12月~91年2月
  • ○90年 ティラミス
91年3月~93年10月
  • ●91年 クレーム・ブリュレ
  • ●92年 タピオカ
  • ●93年 ナタデココ
第12
循環
93年11月~97年5月
  • ○94年 パンナコッタ
  • ○95年 カヌレ
97年6月~99年1月
  • ●97年 ベルギーワッフル
  • ●98年 クイニーアマン
第13
循環
99年2月~00年11月
  • ○99年 生チョコ、エッグタルト、生キャラメル
80年3月~83年2月
第14
循環
02年2月~08年2月
  • ○02年 チョコポテチ
  • ○04年 マカロン
  • ◇04年 ハバネロが火付け役で「激辛ブーム」再燃
08年3月~09年3月
  • ●08年 塩スイーツ、かりんとう
第15
循環
09年4月~12年4月(暫定)
  • ○09年 抹茶スイーツ
  • ○10年 生ドーナツ、生カステラ、パフェ、ロールケーキ
  • ○11年 バウムクーヘン、パンケーキ
  • ○12年 ジェラート、ラスク
n.a.
(出所)内閣府資料、スイーツおよび激辛ブーム関連の各種ホームページより筆者作成

近年は景気拡張局面でブーム到来

 結論から言うと、これまで何度かあったスイーツのブームは、景気拡張局面と景気後退局面の双方で起こっている。

 筆者の場合、「ティラミス」から「パンナコッタ」までは鮮明に記憶しており、「今年はこれか!」とばかりにけっこう食べていた。

 それらのうち、「クレーム・ブリュレ」、「タピオカ」、「ナタデココ」のブームは、株と不動産の大きなバブルが崩壊した後の1991年3月~93年10月の景気後退局面と、ほぼ重なり合っていた。

 とはいえ、上の表を眺めてみると、近年は景気拡張局面におけるスイーツブームが多くなっていることにも気づく。これはおそらく、懐具合にある程度までは余裕が出てくるので、値段が少々高めであっても流行のスイーツの売れ行きが伸びやすいということなのだろう。

 一方、「激辛ブーム」が起こったのは、調べてみると1986年と2004年だった。86年は景気後退局面とほぼ重なるが、04年は戦後最長の景気拡張局面の真っ最中だ。景気の動向と「激辛ブーム」は、どうやら関係がなさそうである。

コメント0

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「好景気と「スイーツブーム」の関係は?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官