• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本のITエンジニア、IT部門、IT業界はコドモである

  • 谷島 宣之=日経BPイノベーションICT研究所

バックナンバー

2014年3月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本記事はもともと、IT(情報技術)のプロフェッショナル向けサイト「ITpro」で公開したものである。このため題名に「IT」を3つも付けたが、内容はITにほとんど関係がない。日経ビジネスオンラインに転載するにあたって、「日本のビジネスパーソン、管理職、経営者はコドモである」という題名にしようと考えたが、初出のままにしておく。

 原稿を執筆する際、システムズエンジニア(SE)や情報システム部門と表記し、ITエンジニアあるいはIT部門とは書かない。だが今回は悪口だと受け取られかねないので、普段使わない呼び名を記事の表題に入れた。

 急いで補足すると、ITに関わる人や組織「だけ」がコドモなのではなく、ITに関わる人や組織「も」コドモという話である。日本の組織、そこにいる幹部と構成員、いずれも「本当にコドモ」と主張する本を読む機会があり、面白かった。ITpro読者に紹介する一文を書こうと思い立ち、「日本のITエンジニア、IT部門、IT業界はコドモである」という表題を付けてみた。

 技術者を応援する情報サイトTech-On!(4月から日経テクノロジーオンラインに全面リニューアル)であれば「日本のエンジニア、研究開発部門、製造業はコドモである」、日経ビジネスオンラインであれば、「日本のビジネスパーソン、管理職や経営者はコドモである」、建設・不動産の総合サイト、ケンプラッツであれば「日本の建設技術者、建設業界はコドモである」という表題にして寄稿しただろう。

 列挙していて気付いたが、「日本の記者、新聞社・出版社、メディア業界はコドモである」と題した一文を書いたほうがよいのかもしれない。IT業界とメディア業界を強引に括って情報産業界とし、以下では両者を念頭に置いて書き進める。

リスクマネジメントのプロが見た日本組織の実態

 日本の組織と構成員は「本当にコドモ」と主張している本は、『「一体感」が会社を潰す 異質と一流を排除する〈子ども病〉の正体』である。長い書名だが、これだけで内容が分かった方もいるだろう。

 日本の組織の強みとされてきた「一体感」および一体感の強制は、今や弱みになった。にもかかわらず、組織やその構成員は一体になることにこだわり、構成員は自律・自立ができず、コドモ同然の思考や行動を続けている。こういう主張である。

コメント2

「ITウォッチャー from ITpro」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長