• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ツイートと黙祷

2014年3月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年も「黙祷」の文字がTLに並んだ。
 黙祷
 黙祷
 黙祷。
 黙祷……

 考えてみれば変な話だ。
 黙祷とツイートするのは語義矛盾もいいところだから。

 いや、TLに並ぶということは、私の友人や、私が自分の意志でフォローした方々のツイートが並んでいるということであって、その方達に喧嘩を売ってるわけではない。

 一人一人は真摯に追悼の意を表明してらっしゃるのだろうと思うのだが、連続して並ぶと意図せぬ同調圧力のようなものを感じ、少しく違和感を覚えてしまうのだ。

 違和感を覚える人は、実は私だけではなかったらしく、原稿のために検索をかけたら、やはりあちこちで「黙祷」論争は起きていた。

 否定派の論調をかいつまんで単純化していうなら「黙祷とわざわざツイートする欺瞞」「自己アピールへの嫌悪感」ということになるだろうか。不謹慎とまで書く人もけっこういたが、私はさすがにそこまでは思っていない。嫌悪の手前の違和感程度だ。

「しばらくはツイートしないのが本当の黙祷」と書いている人もいて、これはまあ納得しないでもない(が、後で書くようにWEB上ではたぶんこの意図は伝わらない)。ただし「皆でそうしましょう」と、この向きに乗っかって呼びかけられると「皆で黙祷ツイートを」同様に反発心が起き上がる。

 どっちの方向にせよ、私は「皆で」が嫌いだ。
 【拡散希望】というヘッダが冠された時点で、どんな内容にかかわらずそのツイートをRTすることはない。

 しかしながら「皆で」に知らぬ間に巻き込まれてしまいがちなのがツイッターでもある。

コメント17件コメント/レビュー

いいなあ。とり先生、おおいに共感しました。わたしも「みんな」が駄目でして………「一匹狼のつどい」(by 吉田戦車先生)にご一緒に参加いただければとおもいます。(2014/03/12)

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「ツイートと黙祷」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いいなあ。とり先生、おおいに共感しました。わたしも「みんな」が駄目でして………「一匹狼のつどい」(by 吉田戦車先生)にご一緒に参加いただければとおもいます。(2014/03/12)

>>面白くも怖い思いをしたが←類は友を呼ぶ(笑)。(2014/03/12)

生まれてくる、死んでゆく際は独り、皆寂しいもの―と思っている。が、あたまの中は群れたがる、もたれ合う、集いたがる、さては協働だの共同体だのと姦しい。きずなだ人間の鎖だと騒々しいが、心をひとつにしてと言うのは、ここまでだ。不断の心得としてあるべき黙祷を、殊にいっとき、ひととき、一過性的現象としてしか扱わないマスコミュニケーションは、どういう了見なのかと腹立たしく思う。筆者の言うように黙祷とツイートについて、祈りは独り心静かに、ツイートする種のものではないにも拘らず、ここでも前出の群れたがりやのフリーマーケット化現象と押し売りとくるから辟易する。ツールはそれに相応しいルールに沿って使いたい。私自身ツイートしているつもりはないが、斯く言挙げがツイートだと言われるなら、言い方をかえて言いたい― あなたにわかってたまるか とだが、如何。(2014/03/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長