• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世の人はそんなに電話が好きなのか?

  • 清嶋 直樹=日経コンピュータ

バックナンバー

2014年3月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2014年2月26日、筆者は東京・表参道の「表参道ヒルズ」で開催されたLINEの新サービス発表会「LINE Showcase 2014 Feb.」に出席していた。

 何人かのスピーカーが入れ替わり登場する“アップルスタイル”の発表会イベントだった。急成長したLINEが、IT業界の王者・アップルの姿に重なったように見えつつも、「それほど驚くような発表があるだろうか」と思っていた。

 発表内容は[詳報]LINEが3大新サービス発表、API提供で企業向け販促システムに本腰という記事に書いた。“想定外”に驚かされたのは、やはりLINE利用者以外の固定・携帯電話番号に発信できる新サービス「LINE電話」である。3月に、日本を含む6カ国でサービスが始まる予定である。

「LINE Showcase 2014 Feb.」で示された「LINE電話」の通話料

 SkypeやViberなどLINE以外のメッセージアプリは、LINE電話と同等の機能を以前から備えている。機能自体に新しさはない。だが、固定電話への発信が1分2円から、携帯電話への発信が1分6.5円から、国際電話の発信が1分2円からという格安料金には、とても驚かされた(関連記事:LINEが一般固定・携帯電話への発信サービス開始へ、1分2円から)。

大型買収発表の直後に“満を持して”LINE電話投入

LINEの舛田淳執行役員最高戦略・マーケティング責任者

 しかも、メッセージアプリの分野で、楽天のViber買収米FacebookのWhatsApp買収という大型買収が発表された直後である。当然、報道陣からは「なぜ今のタイミングか?」という質問が出た。

 LINEの舛田淳執行役員最高戦略・マーケティング責任者は、「LINEアプリやスマートフォンが普及していない地域への進出を加速して、世界市場で競争するために、今のタイミングでLINE以外へも電話できるサービスの投入することにした」と述べた。

 一方別の質問への回答で、舛田執行役員は「常にさまざまなサービスを開発中で、今日発表するかどうか迷ったサービスがある」とも説明した。実際、LINE電話の開発はすでにかなり進行していたようだ。複数の候補の中から、このタイミングで投入する新サービスはLINE電話が最適だ、と判断したふしがある。

「ITウォッチャー from ITpro」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長