• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「あの騒動」に見る、いわゆる「ゴーストライター」の功罪

大抵のことは、情報公開で良い方向に向かうはず

2014年3月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 佐村河内守さんの事件と関連して、様々な分野のゴーストライティングが注目されています。先日は、「ブラックジャックによろしく」などの漫画で知られる佐藤秀峰さんが、自身のブロマガで、自らがカバーイラストを担当した小説が、ゴーストライターによって書かれたものであるということを話しています。

 なお、私がこれまで書いた本(4月初頭に書店に並ぶものを含めると7冊)は全て自分でドラフトから書いています(イラストは自分で描いていません。できたら描きたいですが)。本を自分で書き始めた当初、自分で書いたドラフトを編集者の方に送ると、先方から「筆力ありますね」と返事が返ってくることが多く、いぶかったものでした。

 というのも、世の中のビジネス書と比較してみると、自分の文章がお世辞にもそれらに比肩できるようなものであるとは思えなかったからです。後にビジネス書の大半は誰かに(少なくともドラフト段階では)代筆されていることを知り、妙に納得したのを覚えています。

 今回は、ビジネス書におけるゴーストライティングの実態と、その良し悪しについて書いてみたいと思います。なお、私はゴーストライターという名前には抵抗があり、上阪徹さんが話す「ブックライター」という呼び名のほうがしっくりくるので、この仕事に従事されている方への敬意も含めて、ブックライターという言葉を使わせてください。

著者≠執筆者は昔からあること

 出版の世界には、昔から著者とされる人と執筆者が違うことはよくあるものでした。「論語」は孔子が話していたことを弟子がまとめたものですし、ヘーゲルの「歴史哲学講義」も、ヘーゲルの講義を聞いていた弟子たちがまとめていたものです。日本人の著者によるものでいえば、僕の愛読書の一つである「西郷南洲遺訓」などもそうですね。

 しかしながら、論語の本当の著者は孔子の弟子であるという人もいませんし、歴史哲学講義や西郷南洲遺訓はゴーストライターに書かせたものであると糾弾する人もいません(もちろん、先に述べた本は、本人以外の人が書いていることが広く知られているものではありますが)。著者というと、執筆者という印象がありますが、一番本質的には、著者=コンテンツ提供者ということなのでしょう。

コメント12

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「「あの騒動」に見る、いわゆる「ゴーストライター」の功罪」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック