• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

STAP細胞、疑惑で揺らぐのは何の信用か?

2014年3月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 STAP細胞論文をめぐる問題は、もはや論文の信頼性の話ではなくなっています。専門家のみならず、「みんなの話題」として広がっているからです。すなわち、広く社会の関心事となったこの問題の収束に向けて、「専門」領域を越えた対応や説明が求められています。

 今、揺らいでいるのは、論文の信頼性だけではありません。

 かっぽう着姿の小保方博士の写真が繰り返しメディアに登場するのを、言葉にできない違和感を持って見ている人は、決して少なくないはずです。

 では、その違和感は一体何に対するものなのでしょうか。

 いつものように動画を見ながら、考えてみたいと思います。
 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

小保方氏への注目で「みんなの話題」になった

 1月末、ネイチャー誌掲載をきっかけに世界から注目を集めたSTAP細胞。その革新性の象徴は、しかし、少なくとも国内においては、細胞ではなく、かっぽう着姿の小保方博士でした。

 「リケジョの星」などと持ち上げられ、その報道ラッシュは彼女のプライベートにまで及び、本人が報道自粛を呼びかける声明を出すなど異例の事態となりました。

 一方で、発表直後から、専門家の間では論文データなどの瑕疵が指摘されていました。ところが、小保方氏が所属する理研は「単純なミス」などと問題への対応が遅かった。

 それが3月に入り急展開します。

 共同研究者の山梨大学・若山教授が、論文撤回を呼びかける声明を出しました。ネイチャー誌も調査中だと発表しました。

 理研も調査を宣言し、3月14日金曜日には報告をすると言っています。

 今週に入ってからは、データの中に小保方氏の博士論文で使われたものがあり、しかもその博士論文にもコピペの疑いがあるという内容を含んでいる問題が明らかとなりました。問題の博士論文を出した母校の早稲田大・教授なども含め、研究者も次々と驚きの声を上げています。

 つまり、この問題は、もはやSTAP細胞の論文の話ではなく、小保方氏という題材を中心に、もっと広範囲に広がっていこうとしているのです。

 「小保方氏 博士号取消危機」(東スポ)などスポーツ・タブロイド紙の見出しが躍っています。

 これはもうスキャンダル・ゴシップとして消費される段階に移ってきている。あれだけチヤホヤ持ち上げられた直後のことですから、残念すぎる展開です。

 すべては小保方氏という個人に向けられた「注目」から始まった一連の報道。人物像がクローズアップされすぎたがゆえに、「専門」の話だけではおさまらなくなっているのです。

コメント11件コメント/レビュー

「一般人の感覚からすると、「性善説」で見ていると言う割には、同業の研究者が困っているというのに、誰も助けてあげないのね、という所が非常に興味深いです。」とありますが、偽装作曲家のS氏に、同業者の作曲家たちが同情しないのと同じです。作曲家の偽装ではレコード会社があまり責任を追及されていないのに、今回のO氏の件では、より強く責任問題が追及されるのは、税金による巨額の補助金が使われている「理研」(利権ではありません、理化学研究所です、今後ますます税金が投入されることになる「理研」)での事態だからです。同業者は、O氏のやったことは、サイエンスの分野での「犯罪」だと認識していますし、とても冷ややかにO氏を見ています。(2014/03/14)

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「STAP細胞、疑惑で揺らぐのは何の信用か?」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「一般人の感覚からすると、「性善説」で見ていると言う割には、同業の研究者が困っているというのに、誰も助けてあげないのね、という所が非常に興味深いです。」とありますが、偽装作曲家のS氏に、同業者の作曲家たちが同情しないのと同じです。作曲家の偽装ではレコード会社があまり責任を追及されていないのに、今回のO氏の件では、より強く責任問題が追及されるのは、税金による巨額の補助金が使われている「理研」(利権ではありません、理化学研究所です、今後ますます税金が投入されることになる「理研」)での事態だからです。同業者は、O氏のやったことは、サイエンスの分野での「犯罪」だと認識していますし、とても冷ややかにO氏を見ています。(2014/03/14)

サイエンスを知ってる人たち、いわゆる専門家集団だって、理研の対応には疑問を抱いている。それは分子生物学会が発表した声明文の通り。この記者さんは読んでいますか?そういった発信を無視して、科学者集団を一括りにしようとしているのが間違っている。こういう記事が一般人をミスリードさせるのだと、よく分かります。そして、小保方さんが行った捏造、データ改ざんは研究者として永久追放に値します。割烹着がどうとかそういう問題では無い。筆頭著者としてこの論文に責任があり、説明しなければならない人です。糾弾されて全くおかしくないのです。小保方さんの実験データもノートも、本来なら全て理研が押さえて再調査するべきなのに、理研は小保方さんに再現性を確認する実験をやらせていると。これは新たな捏造を生み出しかねず、理研(主に笹井氏)の対応はあり得ないのです。私はSTAP細胞が世に出ようと出まいと、自分の利害に関わりない立場にいます。でも、この捏造事件には多くの科学者が怒っています。一般人以上にこの事態を重く見ている。それだけは、一研究者として発信しなければならないと思いました。こういった思慮の浅い記事が日経ビジネスの記事になっていること自体に驚きでした。(2014/03/14)

マスコミの程度の低さと底意地の悪さがよく見られる問題。STAP細胞よりも、大きな発見をした中の一人である小保方氏にスポットを当て、その発見よりも発見した人を持ち上げた。リケジョだ、かっぽうぎだ、と。そして、この落とし様。この手の専門性の高い分野は、ワイドショーやスポーツ新聞、タブロイド紙には難しすぎて、何も理解できないのだろう。一般紙にしたって、専門家と称して、どっかの大学教授あたりに軽く取材して、それをそのまま流すだけ。学会や専門紙にまかせて、面白そうなら何でもかんでも取り上げるのは、自らの不明をさらしているのと同じ。(2014/03/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長