• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自立したインフラを目指すNTT東日本の挑戦

3.11から3年、インフラは進歩したか(3)

2014年3月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本大震災から3年が過ぎたいま、日本は地震・災害に強い社会をつくるために歩み出せているのだろうか。インフラ事業にたずさわる人々への取材から、日本のこれまでとこれからを問い直すシリーズ第2弾は、NTT東日本。通信の根幹を担う企業は、あの震災から何を学び、いま何に挑戦しようとしているのか。“防災の鬼”が聞く!

NTT東日本のビルにやってきた渡辺氏。セキュリティの観点から、このワンカットを撮影させてもらうのにも、担当部署の許可を警備員が確認する必要があった

 「いやあ、楽しみだなあ」

 この日、“防災の鬼”防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏は上機嫌だった。

 「4代目……いや、5代目かな? NTT東日本の防災担当の責任者とは、代々面識があるんだよ。取材時だけじゃなく、さまざまな訓練などの際にも協力してことにあたってきた。

 先日(2月25日)は、埼玉県にある陸上自衛隊の朝霞訓練場で陸自東部方面隊とNTTグループの共同訓練を取材してきたんだけれども、圧巻だったのはNTT東日本の持っている2000kVA用の巨大な電源車だね。都心の重要な通信拠点で使うものだそうだけれど、重すぎてやわな橋だと通れないらしいよ……」

 と、取材前からハイテンションの渡辺氏。今回はNTT東日本でどんなお話を聞くのですか?

 「うん、もちろん大きなテーマとしては、3.11以前の地震対策と、それ以後で何が変わったのか。現在何に取り組んでいるのかがポイントになるよ」

コメント4

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「自立したインフラを目指すNTT東日本の挑戦」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

水原 央

水原 央(みずはら・よう)

ライター/劇作家

東京大学理学部数学科卒業後、ライター、劇作家、ラジオ・パーソナリティとして活動する変わり種。現在は科学の知識を活かして地震や防災の問題をわかりやすく伝える記事を志し、奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長