• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本が「ぬるく」思える中国のスマホブーム

2014年3月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 少し長い中国取材に行ってきた。
 今回はできるだけ地下鉄を使うことを自分に課した。インタビューだけでなく、街中のささいな変化も見逃したくない、と思ったからだ。

 そうして街歩きをしていて最も強く印象に残ったこと、それは北京と上海の、異常なまでのスマートフォン(スマホ)社会への変貌だ。

 到着してすぐそのことに気づいたが、できるだけ客観的に確かめなければいけない。地下鉄に乗るたびにスマホをやっている人を数えてみた。地下鉄の長椅子は6人乗り。たいてい5人しか座っていないが、その全員がスマホをやり、立っている人も9割がスマホを操っている。会社を訪問しても、レストランでも、ショッピングセンターでも、地下鉄のホームでも、エスカレーターでも、空港でも、みんなスマホをいじっている……。

 こ、これは一体なんなんだ? 急性スマホ中毒症か? ちょっと病的じゃないの? 60代くらいの人も、ズタ袋を抱えた農民工も、誰も彼もスマホの画面にかじりついている。

日本とは迫力が違うスマホ社会化

 帰国してすぐ、自分の中の“異邦人の感覚”が冷めないうちに地下鉄とJRに乗り、スマホ人数を数え、かなり意識的に街をウォッチングし、中国との比較に努めた。ざっくりとした印象では、地下鉄の中でスマホ画面を見ている人の割合は、日本が6~7割、北京・上海が9.5割といった感じだ。むろん一概にはいえないが、少なくとも中国帰りの私の目には、日本は電車内で熱心に読書をしている人や、ぼーっとしている人の割合がまだまだ多いように見えた。

 スマホで中国人は何をやっているのか。多くの人が最も頻繁に使うのは微信(ウェイシン)だ。日本では“中国版のLINE”と訳されるが、実際はフェイスブック(FB)とLINEの両方の機能を併せ持つ。

 機能は主に3つ。1つは「朋友圏」という、いわゆるフェイスブックの友だちの輪とほとんど同じもの。「いいね」も「コメント」もできる。2つ目は「群(グループ)」機能。学生時代、子どもの小学校時代の父兄の集まりなど、グループ別に分かれてその中で情報交換する。そして3つ目が「友だち」に直接メッセージを送る機能だ。

 日本でも仕事の用件をFBのメッセージ欄に送ることはあるが、中国での特徴は、スマホへの依存度が仕事でもプライベートでも、日本よりもずっと高い点だ。私の知り合いで「もう1週間以上、パソコンを開いていない」と打ち明ける人が何人もいた。いくらFBやLINEのヘビーユーザーでも、日本では、仕事のメールは別にしている人が多いだろう。

 旅行ビジネスを手掛けている友人の郭秋薫(41歳)に私の率直な感想や疑問を話してみたところ、彼女も同意し、「はっきり言って、中国の微信はもはや危険水域に達していると思いますね…。もうみんな、微信ばっかりやりすぎなんですよ!」と、半ば怒りを込めながら語り始めた。

コメント6件コメント/レビュー

第一段階:まず使うのに夢中になる。第二段階:共有する人の数が多ければ多いほど安心するので、数拡大に走る。第三段階:時間をとられ過ぎ、疲れ過ぎ、忙し過ぎに意味を見出せなくなる。第四段階:そういう機能があれば、余計な人を落として、数よりも質の向上、つながりの深さを求める。このサイクルが短時間で起こるのか、長時間かかるのかの差はあるでしょうね。(2014/03/21)

「再来一杯中国茶」のバックナンバー

一覧

「日本が「ぬるく」思える中国のスマホブーム」の著者

中島 恵

中島 恵(なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年、山梨県生まれ。1990年、日刊工業新聞社に入社。退職後、香港中文大学に留学。1996年より、中国、台湾、香港、東南アジアのビジネス事情、社会事情などを執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

第一段階:まず使うのに夢中になる。第二段階:共有する人の数が多ければ多いほど安心するので、数拡大に走る。第三段階:時間をとられ過ぎ、疲れ過ぎ、忙し過ぎに意味を見出せなくなる。第四段階:そういう機能があれば、余計な人を落として、数よりも質の向上、つながりの深さを求める。このサイクルが短時間で起こるのか、長時間かかるのかの差はあるでしょうね。(2014/03/21)

頼れるのは自分の家族と知人のコネのみ、という中国の伝統に上手くマッチングしたということですね。「繋がっていたい」というよりは「繋がらなければ生きていけない」という中国社会の過酷さを実感できました。(2014/03/20)

別に中国の肩を持つわけでは有りませんが、日本以外の国を見るとアメリカを含めて、インフラなんてこんな物かと思います。自販機の故障なんか当たり前だし、トイレの故障も普通です。ほぼ毎月位、北京と上海に行ってます。ショッピングモールとかのトイレでトイレットペーパーが無いのは不便なので、持ち歩いてます。それに上海では「交通カード」を使ってるので、自販機は使わないですね。北京の大気汚染は確かに酷いです。(2014/03/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長