• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

男性より女性の方が、「革新的リーダー」になりやすい

変革を起こすための4つの資質

2014年3月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本連載は、昨年まで米国のビジネススクールで助教授を務めていた筆者が、世界の経営学の知見を紹介していきます。

 さて、最近は日本でも女性のビジネスリーダーが注目されるようになりました。起業家なら、たとえばDeNAの南場智子さんやネットイヤーの石黒不二代さんがその筆頭でしょうか。大手企業でも、この4月より伊藤忠商事の茅野みつるさんが大手商社で初の女性(しかも同社最年少の)執行役員に就任することが話題になっています( 参考記事)。みずほ銀行では、有馬充美さんがメガバンクで初の女性役員に就任することが決まっています。

 女性のビジネスリーダーが現れてきたのは素晴らしいことだ、と私は思っています。それは社会的にどうだこうだというのではなく、実は経営学の研究で「男性よりも女性の方が『組織にプラスなリーダー』になりやすい」可能性が指摘されているからです。

 今回は「女性と男性のリーダーシップ」について、世界の経営学の知見を紹介しましょう。そのためには、まず経営学でコンセンサスとなりつつある「2種類のリーダーシップ」について解説する必要があります。

リーダーシップには2つある

 その2種類とは「トランザクティブ・リーダーシップ」と「トランスフォーメーショナル・リーダーシップ」です。欧米のリーダーシップ研究者で、この区分けを知らないものはいない、と言ってもいいかもしれません。

 まずトランザクティブ・リーダーとは、部下の自己意思を重んじ、まさに取引(=トランザクティブ)のように部下とやりとりするリーダーです。部下に対して「アメとムチ」をうまく使えるタイプのリーダー、ともいえます。

コメント8

「MBAが知らない最先端の経営学」のバックナンバー

一覧

「男性より女性の方が、「革新的リーダー」になりやすい」の著者

入山 章栄

入山 章栄(いりやま・あきえ)

早稲田大学ビジネススクール准教授

1996年慶応義塾大学経済学部卒業。98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。2008年、米ピッツバーグ大学経営大学院より博士号(Ph.D.)を取得、米ニューヨーク州立大学ビジネススクール助教授を経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長