• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「マイルドヤンキー」という言葉があぶり出した日本の階層

物事が見えていないのは誰なのか

2014年3月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近になって、「マイルドヤンキー」という言葉が少しずつ人口に膾炙しています。その言葉の火付け人は博報堂の原田曜平氏とされており、同氏の新著『ヤンキー経済』においては、「マイルドヤンキー」とは上京思考がなく、地元で強固な人間関係と生活基盤をつくっている人々のことだそうです。

 その影響か、最近、メディアで様々な方々が「マイルドヤンキーが地方で増えている」といった論調でお話をされているのですが、筆者にはずいぶんと不思議な話に聞こえました。というのも、私にとっては、彼らが指している「マイルドヤンキー」というのは、昔から当たり前のようにいた人たちであって、それは決して激減してはいないにせよ、急激に増えた感じも全くしていないのです。

 むしろ、私は、メディアで発信をしている人々が今頃になって「マイルドヤンキー」について発言しだしたことそのものが、この社会が昔から格差社会だったのだということ、日本の格差がいよいよ本格的なものになってきたことを示してくれるような気さえしました。そこで、今回はこのテーマで書いてみようと思います。

 ところで、少し話題はそれますが、「ヤンキー」という言葉を使うのはそもそもどうなのでしょうか。例えば、ヘコヘコする人間がアメリカにいたとして、その人を「ジャップ」とか呼んだら(注:日本人がそういう性質であると言っているわけでは決してありません)大問題になること間違いなしです。

 差別意識は容易に消えないので、街角でそういう発言をする人が存在するのは避けられないとしても、大手のメディアでもこの言葉をそのまま使っている状態に愕然とします。命名そのもののキャッチーさは、さすが広告代理店と思いますが、普通はこんな命名しませんよね。だから、この連載ではカッコづけで「マイルドヤンキー」と書きます。

昔から当たり前のようにいた「マイルドヤンキー」

 少し自分の話をしておきましょう。私は大学までずっと朝鮮学校にいたのですが、ここは、いわゆる在日コリアンであれば国籍と関係なく誰でも入れる学校です。試験で落ちることはまずありえません。

コメント49

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「「マイルドヤンキー」という言葉があぶり出した日本の階層」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト