• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

事故はなぜ繰り返すのか

JR北海道とカネカの明暗

2014年3月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年2月、JR東日本の京浜東北線で回送列車が工事用車両と衝突し、脱線した。1月には、三菱マテリアルの四日市工場で爆発があり、5人の死者を出す惨事となった。

 両社に共通するのは、過去に同じような事故を起こしているということ。JR東日本は5人が死亡した15年前の事故で、作業区間に列車を入れない「線路閉鎖」を徹底したはずだったが、今回この手順を守っていなかった。三菱マテリアルは2年前にも、四日市工場で爆発事故を起こしている。

 惨事の教訓を生かすことができない実態が、相次いで明らかになった。企業が事故後に打ち出した再発防止策に死角はなかったのか、検証する必要がありそうだ。

「膝詰め対話」、効果なし

 各社の再発防止策によく登場するのが、社長以下、経営陣による現場の訪問だ。現場の社員たちと定期的に安全について話し合い、意識の向上を図るというもの。「意見交換会」や「緊急安全ミーティング」「経営者巡回」などその名称は様々だ。

 JR北海道では2011年に特急列車が脱線炎上したのをきっかけに、経営陣が鉄道の現場を巡回し、「膝詰め対話」を重ねた。

 しかし、その後も車両の脱線、出火が絶えることがなく、昨年9月には保線員たちがレール幅の異状を放置していたことが原因で、貨物列車が脱線した。その後の社内調査で、レール異状の放置のみならず、放置の隠蔽を目的に検査データの改ざんが以前から各地で横行していたことが分かった。

この光景を何度見たことか。検査データの改ざんを受けて今年1月に記者会見で謝罪する野島誠社長(中央)ら、JR北海道の経営陣

 「安全文化の定着」を狙って実施していたはずの膝詰め対話だったが、効果はなかったと言わざるを得ない。

 一方で、事故を減らすことに成功した企業もある。

 カネカは2009年に鹿島工場が爆発したのをきっかけに、経営陣が生産現場の巡回に乗り出した。その結果、2008年に30件に上った労働災害件数は、2012年に18件まで減るなど、一定の効果が表れている。

 経営陣が現場の社員に直接、安全対策を問いただし、現場の社員も経営陣に意見するなど、やっていることはJR北海道と変わらない。では何が明暗を分けたのか。

コメント21

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「事故はなぜ繰り返すのか」の著者

吉野 次郎

吉野 次郎(よしの・じろう)

日本経済新聞社記者

1996年、日経BPに入社。2007年から日経ビジネス編集部で電機業界や自動車業界、企業の不祥事を担当。2015年4月から日本経済新聞社電子編集部に出向中。産業、経済事件を中心に取材・執筆する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員