• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「社畜」は全然悪くない

起業と就業の無意味な二分論

2014年4月3日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あっという間に清明も近づき、入学式、入社式が相次ぐ季節になりました。ところで、いつも不思議に思うですが、なぜ新入社員って、最初の1ヶ月だけは大抵は見分けがつくのですかね。

 さて、そんな入社シーズンだからこそ、「会社に飼い慣らされている人々」を揶揄する社畜という言葉について書いてみたいと思います。情報技術の進歩とともに、個人事業の開始が容易になり新しい働き方のスタイルが増えているこのタイミングで、「会社にしがみついて働き続けるのはかっこ悪い」とともに「リスクをとって起業するのがカッコいい」といった風潮が少しあるように思います。

 私自身は、こういう「社畜的ライフスタイル批判」がよく分からないのです。会社員だったときは自分を正当化するためにそう考えているのかもしれないと、自分自身に対して疑心暗鬼だったのですが、去年の末に会社を辞めてフラフラと独立している今となっては、幾分と確信が深まったようです。

 ここでは、「社畜ライフスタイル批判」について疑問を投げかけるとともに、なぜ社畜という言葉が生まれたのかについて考えてみることにします。

起業できるのは恵まれている人

 まず、起業する人が偉いという風潮がありますが、それは正しいのでしょうか。むしろ、起業・開業できる人の大半は恵まれた人であるということだと私は思います。

 それは単に、やりたいことがある程度明確になっている、というだけの話ではありません。それよりも私が指摘したいのは、起業出来る人というのは、そのリスクが小さくなっている人、もしくはそもそもリスクを大きめにとれる余裕が何らかの理由である人だからです。

 実際問題として、起業に失敗したら自分の生活が相当に苦しいことになるかもしれないし、また家族だけでなく親まで路頭に迷うかもしれない、という状況において、それでもやりたいことのために起業するという人はどれくらいの数になるのでしょうか。余程の人でない限り、そういった事情がある場合には、なかなか思い切って会社を辞めるなんてことは出来ないのではないでしょうか。

コメント17

「越境人が見た半歩先の世界とニッポン」のバックナンバー

一覧

「「社畜」は全然悪くない」の著者

慎 泰俊

慎 泰俊(しん・てじゅん)

投資プロフェッショナル

東京生まれ東京育ち。朝鮮大学校政治経済学部法律学科卒、早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。モルガン・スタンレー・キャピタルを経て現在はバイアウトファンドの投資プロフェッショナルとして働く。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長