• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

何とも不思議で不十分な小保方会見

2014年4月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 一言で言えば、何とも不思議な記者会見でした。9日に開催され、各種メディアでも大きく取り上げられた小保方氏の記者会見のことです。

 経営者などにメディア対応のアドバイスをし、長らく様々な記者会見を見て来た立場から注目したのは、記者会見を経た記事の見出しが「消えぬ疑問」(朝日新聞)「語れない真実」(日経新聞)といった印象ベースの表現が目立ったことでした。

 記者会見は、実際のところ、伝え方の面でも独特だったのです。そこで今回は、大きな注目が集まった小保方会見とその伝え方について、いつもと同じように動画を交えながら見ていくことにしましょう。

 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

謝罪会見の新たな形

 9日の小保方晴子氏による記者会見は、理研の調査委員会が先日発表した報告の内容に反論する目的で開催されたものでした。

 一方で小保方氏の論文についての問題は認め、「未熟」で「不勉強」で、「自己流」でやってきたために多くの人に迷惑をかけたことをお詫びするという謝罪会見の形式でもありました。

 謝罪と反論を組み合わせた記者会見は、それほど多くありません。これによってテーマとは別の、より複雑なリアクションを生みました。

 通常の謝罪会見は、伝える内容が決まっています。1)謝罪をし、2)問題や責任の所在を明確にし、3)今後の対応策を述べる。

 そして謝罪会見のカテゴリーには、これまで大きく4種類の枠がありました。それは、政治家枠、経営者枠、芸能人枠、そしてアスリート枠です。

 何が違うかというと、問題の明確化と責任の取り方です。

  • 政治家は、問題を明確にせずに辞任します。話さずに辞める。
  • 経営者は、問題の明確化を専門スタッフに任せて、賠償問題を片付け、最後に辞任します。トップとしての責任。役割分担がはっきりしています。
  • 芸能人は、涙を見せて謝ります。メディアの人間として、反省を見た目で分かるようにする。そして引退や番組降板を口にします。
  • アスリートは、問題はすべて自分の甘さにある、と言います。自分の未熟さを認めます。そして、1から出直すことを誓います。最後に、たとえば飲酒による不祥事であれば酒を止めるなどの宣言をします。

 それぞれ伝え方にも特色がありますが、共通するのは「謝る時は謝る。責任をとる時は責任をとる」というスタンスの明確さです。謝罪会見で言い訳をして評価が好転した例はほとんどありません。

コメント0

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「何とも不思議で不十分な小保方会見」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師