• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新卒社員に読んでほしい4つの心構え

2014年4月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月になりました。新卒入社の季節ですね。

 カヤックでも毎年新卒採用を定期的に行っていますが、2014年入社は例年に比べると人数が少なめでした。意図的に少なくしたつもりはなく、人事部からのレポートでは、1つの要因として、2012年の業績赤字が記事等で取り沙汰された直後の採用期間だったため、そこが意外と影響があったのではないかということでした。確かに当時を思い出すと、新卒採用期間中に学生から何度か業績について心配している質問を受けた気がします。

 自分が就職活動している時は受ける会社の業績なんかほとんど見なかったので…すごいなと感心しましたが、そうは言ってもよくよく考えると学生からすれば何も好き好んで業績が悪いところには行きたくないから当たり前か…。

 カヤックみたいな小さい企業は安定感で大企業と比較できないわけですから、せめて伸びていなければならない。そうでなければ、ベンチャーとしての魅力も薄く見えてしまうので仕方がない。そのように受け止めるしかないですし、発信することで何らかの挽回ができたのではないかという反省点も人事からは出ました。

 例えば2012年は業績が悪化はしたものの、前年度と比較して売り上げという意味では増えています。それはある意味、投資した結果でもあると思うので、そういった安心させる情報を積極的に伝えて行っても良かったのかもしれません。ちなみに、2013年は前年比で増収増益になりました。(参考財務

 そんな状況ですが、一方で、考え方によっては、2014年新卒のメンバーは、業績が悪くても気にせず入ってきたわけですから、何か骨太な意志があり、たくましい仲間と言えるかもしれません。願わくば自分がカヤックを伸ばしてやるんだという気概があるメンバーであることを期待したいと思います。(実は、単に何も考えていなかっただけだったりして…)。

 …と、大分余談が長くなりましたが、4月ということもあり、今回は新卒向けに書いてみたいと思います。きっとこれからいろいろ大変な経験もして、くじけそうになることもあるでしょう。ですので、仕事に対する心構え的なことを書いてみます。

その1「頑張ることがすばらしい」

 仕事は楽しいもの。僕はそう思っていますが、それでも時に辛く険しい時があります。なぜこんなことをしなければならないのか。なぜこんなにも困難なのか。なぜここまでやらなければならないのか。仕事をしていると必ずそういったシーンに遭遇します。

 基本的には毎年、去年の自分にはできなかったレベルの仕事を任されるようになり、その都度新しい挑戦に立ち向かわなければならない。「乗り越えるぞ」という意志がなければ続けられない。そんな状況に出くわすこともある。

 特に新卒1年目は僕もそんな感じだったのではないかと思います。

 困難にくじけそうになった時、もしかしたらこんな問いが浮かんでくるかもしれません。「なぜ自分は仕事をこんなに頑張らなければならないのだろうか…?」と。

コメント0

「ビジネスという“奇妙な冒険”」のバックナンバー

一覧

「新卒社員に読んでほしい4つの心構え」の著者

柳澤 大輔

柳澤 大輔(やなさわ・だいすけ)

面白法人カヤック代表取締役

1998年、学生時代の友人と共に面白法人カヤックを設立。数千~数万人規模のネットサービスを幅広く展開。ユニークな人事制度や、ワークスタイルなど、制度面も実験中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員