• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビッグデータをとりたいの? 売上を上げたいの? バズワードに騙されるな!

“ビッグデータ”をいくら集めても“売上”は上がりません

2014年5月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 通販王国と言われる九州で、一貫してダイレクトマーケティング型ネット広告に従事し、担当した全てのネット通販広告主(クライアント)を大成功させてきた株式会社売れるネット広告社の加藤公一レオ氏が、ネット広告で“売れる”ノウハウ(仕組み)を徹底的に大公開する。

“マーケティング”っていうけど、数字見てどうしたいの?

 コンサルなんて職業をやっているとよく、「データ分析どうするんですか?」とか、「この辺ちゃんと分析したほうがいいんじゃないですか?」、なんて質問をされるんだけど、みんな本質が分かってないんだよねぇ。

 「商品開発をするために顧客を分析して、その結果を検討する」とかならわかるけど、もう広告を打ち始めちゃっているのにそんなの遅いよ。それとも、今から顧客分析などを詳細に行って、分厚い“マーケティング”分析の提案資料を提示して、現状の仕組みを根底から崩してしまうような“仮説”が欲しいわけ(笑)。

 だいたいここ数年、“ビッグデータ”というキーワードが流行っているので、多くの企業がこのバズワードに煽られ、“ビッグデータ”の時代に乗り遅れないためにといってハードやソフトに投資し、ちょっとしたコンサルタントにも相談し、部署まで新設したりしている。ただ、何故かそこで細かな顧客データだったり、顧客のWEBサイトでの遷移などいろいろなことを分析しても、結局、その分析結果からは、具体的な改善案が提案できず、分析だけして、売上にも全く直結していない。

 “ビッグデータ”を分析するのは構わないけれども、それは広告を行う中で費用対効果を極限まで引き上げてからじゃないだろうか? 商品やサービスを買おうとする傾向が高い集団が具体的に分かったとしても、それを捕まえる方法が貧弱だと正直多額のお金を使って“ビッグデータ”を分析するのはムダが多い行動だと思えて仕方がない。

 今日はせっかくなので、はっきり言っちゃおう。

 “ビッグデータ”をいくら集めても、“広告、マーケティング観点”的に売上は上がらない。

 さらには、“ビッグデータ”を分析するためにコストをかけても、費用対効果は良くならない。

 広告代理店やシステム会社から、「なぜ現在上手くいかないのか、御社にたまっているデータをしっかり分析して、理由を探りましょう!」…なんて言われたら要注意だ。彼らはデータを分析して自分たちの目先の売上を上げ、さらには時間を稼ぎたいだけだ。

 そうやって顧客ターゲットのセグメントが悪かったという原因がわかって、セグメントをした形で広告を行うことになったとしよう。そうなったら、広告単価は一気にハネ上がってしまう。それでは費用対効果が改善するかどうかというのは分からない。一度質問してみたらいい。「分析した後、どう動きますか? 費用対効果をどう上げますか?」と。そしたら、どんな結果が出るかも想像できていない彼らは、結果に合わせて「別途ご提案します!」とあやふやに逃げ切るはずである。

「目覚めよ経営者! 戦うネットマーケッター「LEO」」のバックナンバー

一覧

「ビッグデータをとりたいの? 売上を上げたいの? バズワードに騙されるな!」の著者

加藤 公一 レオ

加藤 公一 レオ(かとうこういちれお)

売れるネット広告社 代表取締役社長

三菱商事、Havas Worlwide Tokyo、アサツーディ・ケイにて、一貫してネットを軸としたダイレクトマーケティングに従事し、担当した全てのクライアントのネット広告を大成功させる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授