• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国の「反日カード」を、日本の「日常」で無効化しよう

2014年4月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私はこれまで「普通の中国人」に的を絞って記事を書いてきたが、コメント欄などで感想を読ませていただくたびに「中国の現状について、根本的な勘違いがあるのでは…」と感じることがあった。ずっと考えてきたのだが、先日の中国取材でその理由の一端を掴んだ気がした。

 普通の中国人の考え方などは紹介したけれど、彼らの日常生活についてはあまり触れていなかった。彼らの日々の暮らしが、我々日本人のそれとはかけ離れていることに、多くの日本人は気づいていないのでは? そして、そもそも「こと『生活』においては、私たちと中国人は同じ土俵に立っていない」ことを認識していないのではないか? と思ったのだ。

 そう書くと意外に思われるかもしれない。

 「えっ、どういう意味? 中国はもうGDP世界第2位の経済大国になったんでしょ? 少なくとも北京や上海などの都会の人はかなりお金持ちになったんでしょ?」と。

ビジネスホテルひとつとっても…

 テレビで見る北京や上海は高層ビルが立ち並び、人々は贅沢な食事を楽しみ、ショッピングセンターも活気にあふれているように見える。ベンツもBMWもたくさん街を走っている。物価もぐんぐん上昇して日本に近づいた。

 顔立ちも街の風景も、日本と非常に似通っているために、日本人は「中国の大都市はもう日本と肩を並べるレベルになったんだろう。いや、すでにある面では日本を追い越しているのでは」と勘違いしてしまうのだ。

 だが、一見した街の風景だけでは分からない差が、日本と中国の日常には存在している。

 日々の生活で味わう小さな出来事における日中のギャップはとてつもなく大きい。特に、私が最も強く感じるのは、小さな日用品やインフラの質の埋めがたいほどの格差だ。

細かいが重要な「生活インフラ」が段違い

 たとえば、私は中国出張中、限りなく3つ星に近い4つ星ホテルに宿泊するが、そのサービスや質は日本の5000円以下のビジネスホテルよりもずっと下だ。ロビーには豪華な装飾があるし、Wifiは通じるし、バスタブもある。見た目も設備も、日本のビジネスホテルとほとんど同じだ。

 だが、ポットの横に置いてある紅茶のティーバックを開けようとしても、なかなか開かない。袋の切り込みがちゃんと入っていないからだ。歯磨きのチューブの蓋もきちんと噛み合わず、閉まらなかったりする。お風呂にお湯をためて入ったあとは、排水がきちんとできていないので、トイレの前まで水浸しになってしまう。こんなことは日常茶飯事だ。

一見、日本のビジネスホテルと同じコーヒーやお茶のパック。しかし、味はともかく封の開けやすさが違う。

 日用品で最も日本との違いを実感するのは、ノートやボールペンの品質だ。

 中国のノートはちょっと強く書くと紙に穴が開き、ボールペンはすぐにかすれて書けなくなる。外出先でストッキングが切れたときも、間に合わせで買うストッキングは、価格は日本並みにするくせに、半日穿いたら伝線してしまう粗悪品ばかり。

日系コンビニの文房具売り場と、衣料品店にあったストッキング。見た目も価格も日本のそれとほとんど変わらない。だが、品質は大差がある。

 「日本で売られている文房具やストッキングも多くが中国製なのに?」。もっともな疑問だが、日本で売っている中国製品と、中国で売っている中国製とは雲泥の差がある。

 以前、香港在住の友人がフェイスブックに「日本のコンビニで150円くらいで売られているエクレアはすごくおいしい。あれと同じレベルの商品は、香港では1000円出しても買えない」と書いていて、思わず「その通り!」と唸ったが、中国でも同様だ。買えないどころか、それだけ「低価格で高品質」のものは中国中どこを探しても売っていない。10万円の高級輸入ワインはよく目にするのに、「日本に普通にある、ちょっといいもの」は中国には存在しないのである。

コメント56件コメント/レビュー

そこに行った人こそが話せる内容なので、とても参考になります。友人は上海、無錫に工場を持っているので、色々と話を聞いている事と合致します。ただ、反日カードに、冷静でいるべき。というのは、国際的暗黙のルールとしてみても、拙策でしかないでしょう。それを積み重ねたのが、現在の日中関係ではないのですか??対抗する手段としての日本の日常は、それこそ、土俵が違うので、全く意味をなさないと思いますね。現に中国人は沢山日本に来ていますが、彼らは全く政治的影響力を諦めています。(2014/11/06)

「再来一杯中国茶」のバックナンバー

一覧

「中国の「反日カード」を、日本の「日常」で無効化しよう」の著者

中島 恵

中島 恵(なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年、山梨県生まれ。1990年、日刊工業新聞社に入社。退職後、香港中文大学に留学。1996年より、中国、台湾、香港、東南アジアのビジネス事情、社会事情などを執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そこに行った人こそが話せる内容なので、とても参考になります。友人は上海、無錫に工場を持っているので、色々と話を聞いている事と合致します。ただ、反日カードに、冷静でいるべき。というのは、国際的暗黙のルールとしてみても、拙策でしかないでしょう。それを積み重ねたのが、現在の日中関係ではないのですか??対抗する手段としての日本の日常は、それこそ、土俵が違うので、全く意味をなさないと思いますね。現に中国人は沢山日本に来ていますが、彼らは全く政治的影響力を諦めています。(2014/11/06)

米国と中国に駐在していました。ユニークですが一つの戦術としてしっくりきました。(もちろんコレだけで解決するわけではないが)。いい品質のものを作るには、多くのまじめで愚直な人が必要ですから、製造業に携わる中国人が増えたことで彼らは高品質なモノ(やサービス)からそれを生み出す人たちをイメージできるようになってきているように思います。(2014/07/03)

中国人の反日感情を覆す最善の手段は 多くの中国人観光客を日本へ迎え入れることと思います。筆者の指摘通り 彼らは日本の日常に感心し 日本の安全性に驚き 日本人の平和を求めている心を理解してくれています。もちろん多くの中国人が日本を訪れることは 日本人の生活に不快な支障を与えるでしょうが、それはかつて日本の団体観光客(とくに農協団体等)も 欧米先進国に与えていたことですので 寛大な心で容認しましょう、「郷に入れば郷に従う」気風は世界共通です、時間が解決するでしょう。 それより不思議なのは なぜ日本政府は中国人に対し門戸をせばめているのでしょうか? 観光ビザの取得制限を緩め、少しでも多くの中国人観光客を迎え入れるべきではないでしょうか。(2014/05/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長