• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

子供のころの夢は「特技監督」でした

2014年4月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大変珍しいことに今回~次回とマンガの話です。

 連載も2年半目に近づいていて、毎回くだらぬことばかり書いているにもかかわらずよく話がもっているが、注意して読んでくださっている読者の方にはお気づきの通り、マンガ家が書いているわりには、ここではあまり正面切ってマンガの話をしてはいない。

 皆無ではない。
 いわゆる児ポ法とか、フキダシの向きとか、映像化権にまつわるトラブルとか、マンガをめぐる「状況」についてはたまに書いてきたけれども、マンガ作品そのものの話はしていない。全体を通してみればイカの話のほうが多いくらいだ(それにしても最近よく見つかりすぎだ)。

 理由は、とりもなおさずマンガ家が書いているから、ということになる。

 日経のコラムのユーザ層は広い。
 読者の方には、いまここで初めて「お前はマンガ家だったのか」と驚かれている方も多くおられると思うが、すみません実はマンガ家でした。悪気はなかったんです。

 反対にマンガ家であることを知りつつ、こちらの文章原稿を以前からよく読んでいただいている人達も、数は少ないが、いる。

 そういう読者には、以下のエクスキューズはまたかと思われるかもしれない。数年おきに念押しのためにアナウンスしているからだ。だからかいつまんで書く。

 私はマンガ家にしては分不相応に文章原稿を依頼される機会が多い。
 近年は本業より発注が多いくらいだ。

 ありがたくも困ったことだ。
 文章原稿というのはマンガ家にとっては取扱い注意の諸刃の剣だから。

 文章では、たやすく批判やいいわけができる。
 というか、書いていると罠のように批判やいいわけになっていく。
 それがくせものだ。

コメント6

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「子供のころの夢は「特技監督」でした」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長