• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国債を売り買いしている投資家とは

“超大型空母”は日銀

2014年5月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「艦隊これくしょん ‐艦これ‐(以下、艦これ)」と呼ばれるオンラインゲームが大人気だそうである。「艦これ」は旧日本海軍の艦船を少女キャラに擬人化し、この艦船を集めて艦隊を組み、強化しながら謎の敵と戦うというものである。

 現在ブームとなっている「艦これ」にあやかって、「国債投資家コレクション」というものを考えてみた。国債を中心とした債券市場については、金融市場関係者でも金利に関わる人を除いて、詳しく知らない方も多いのではなかろうか。そこで国債市場のことを少しでも理解していただくため、国債を売り買いしている投資家を艦船に見なして解説してみたいと思う。

財務省とプライマリー・ディーラー

 国債を市場に供給しているのが日本の財務省であり、超巨大な補給艦といえる。年間の国債の供給額は2014年度で181兆円もある。ただし、このなかには過去に出したもので、それをいったん回収(償還)して再度発行されるもの(借換債)が含まれている。181兆円のなかで完全に新規に発行されるものは新規国債(建設国債と赤字国債)と呼ばれ、その発行額は2014年度で41兆円程度となっている。

 この財務省という補給艦から、入札を通じて国債を受け取るのが、業者やディーラーと呼ばれる証券会社などである。その中心となっているのが、日本版のプライマリー・ディーラーと呼ばれる国債市場特別参加社で、現在証券会社や銀行など23社ある。

 プライマリー・ディーラー制度とは、米国の中央銀行であるFRBが公開市場操作を行うときに、ニューヨーク連銀との間で、政府証券を直接取り引きすることができる証券会社などのことを示す。日本版のプライマリー・ディーラー制度は、指定を受けた証券会社や銀行に対し、一定の規模の国債の入札や落札、市場の状況等の報告が義務付けられる代わりに、一定の優遇措置が認められる制度である。

 このプライマリー・ディーラーが国債市場ではいわば戦艦級となろう。このなかには野村證券やSMBC日興証券、大和証券などの国内の大手証券会社に加え、三菱UFJモルガン・スタンレー証券やみずほ証券などの銀行系証券、さらにメリルリンチ日本証券やゴールドマン・サックスなどの外資系証券がある。

 また、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行といったメガバンクも加わっている。ただし、国債の入札に参加できるのは、これらプライマリー・ディーラーだけではない。都銀・地銀・外銀・信託銀行・信金・生保・損保・証券など250社が国債の入札に参加している。「艦これ」でいえば重巡洋艦、軽巡洋艦、駆逐艦、潜水艦など多数存在している。

日本国債を買っている投資家と日銀

 これらの業者・ディーラーと呼ばれる証券会社などと直接取り引きを行うことの多い巨大な投資家が存在する。国債市場にとっては空母のようなもので、その存在感は大きい。これらの投資家の多くは直接国債入札も可能であるが、巨額の国債を売買する際には、ディーラーと取り引きを行っている。

コメント0

「債券市場から見た日本」のバックナンバー

一覧

「国債を売り買いしている投資家とは」の著者

久保田 博幸

久保田 博幸(くぼた・ひろゆき)

金融アナリスト

証券会社の債券部で14年間、国債を中心とする債券ディーリング業務に従事。幸田真音『日本国債』の登場人物のモデルにも。専門は日本の債券市場の分析。特に日本国債の動向や日銀の金融政策について詳しい。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員