• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

鼻血とヤクと自作自演の底に

2014年5月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この数日間のタイムラインは風雲急を告げていた。

 グルメマンガの福島篇が終了し、編集部の見解も掲載され、さらにそのことに対する賛否両論のツイートがTLにも並んだ。

 と、思っていたら著名ミュージシャンが逮捕され、CDが回収された。

 そしてPC遠隔操作事件の容疑者の人が、自作自演メールをきっかけに一連の犯行を認めるに至った。

 チェーンリアクションという言葉もあるように、大きいニュースというのは続けて起きることがある。録画する者の身にもなってほしい(と書くと「いまは24時間録画機がありますよ」とよけいな親切のリプライがくるのだが、自慢ではないが常時録画機のレポートは誰よりも早くやっている。そこにも書いたが、ニュース録画というのは個人の「娯楽」であり、ときには「勝負」なので、機械任せにすると、その醍醐味がなくなってしまうのだ)。

 ひとつひとつの案件が、重大かつデリケートな問題を含んでいて、がっぷり四つに取り組んでまじめに論じようとするなら、コラム1回分の文字数では全然足りない。

 だが大変残念なことに、私は世間の人が考えている通り、それほどまじめな男ではないので、どうしても時事ネタマンガのネームを考えるように、これらの事案を「うまく組み合わせできないものか」と、ひとつの法則性というか、共通項というか、そういうものを抽出する方向で眺めてしまう。

 それはまあ、ある意味ダジャレで強引に二つの、あるいは複数の事象を結びつける作業と似ていなくもない。

 今回、そうした眼でこの別々の案件を眺めると「起こした者」と「守る者」の関係性が 立ち現れてくる。

 グルメマンガの件に関しては、自治体や政府のステイトメントまで出される始末で、もはやどういう立場に立って何を書こうが、その反対の考え方の人達によって即炎上しかねないような事態に陥っている。

 しかし、逆にいえば、結局何を書いてもそうなるのなら、思った通り書くのがいちばんストレスがない。だから思った通り書く。

コメント13件コメント/レビュー

美味しんぼの件は,作者が意地を張っていることも火に油状態だった気がする。まあ,あの手の話は「それでも間違ってない!」という,わけの分からない自信の上に成り立っているからやっかいなのだが。  「蛇男一座」,良いですねえ。というか「ここは警察じゃないよ~」がそういうつながりがあるというのは知らなかった。なるほどお・・・(2014/05/21)

「とり・みきの「トリイカ!」」のバックナンバー

一覧

「鼻血とヤクと自作自演の底に」の著者

とり・みき

とり・みき(とりみき)

マンガ家

熊本県出身。ギャグマンガをメインにしながら、エッセイコミックやストーリー物も手がける。94年『DAI-HONYA』98年『SF大将』で星雲賞、95年『遠くへいきたい』で文春漫画賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

美味しんぼの件は,作者が意地を張っていることも火に油状態だった気がする。まあ,あの手の話は「それでも間違ってない!」という,わけの分からない自信の上に成り立っているからやっかいなのだが。  「蛇男一座」,良いですねえ。というか「ここは警察じゃないよ~」がそういうつながりがあるというのは知らなかった。なるほどお・・・(2014/05/21)

私の感想:グルメ漫画=理由はどうあれ編集部が最後まで作品を守ったのはホッとしました。作品については、賛否、検証を喧喧諤諤すればいいだけのことで、騒ぎ過ぎ。風評被害を大義名分にするのは反対。でも騒ぐ人々の気持ちも分かるからあまりクールな物言いはしたくないですね。ヤク=いつも思うけれどクスリでいちいち曲の回収はやめてほしい。自作自演=上手く行ったことできっとハイテクSFサスペンスの知能犯(主人公)になったみたいで、楽しかったんでしょうね。で、油断して「尾行」という古典的な手法にかかったオチまで、定石?踏襲。弁護士については、米製リアリズム志向の刑事ドラマを観ていればそういうもんだと分かるでしょうが、そういうものは、たいてい深夜番組だったから意外に知られていなかったのかな。(2014/05/21)

よく考えると、この漫画の主張は、ポストハーベスト(相手国は基準に沿っている)の問題だの、中華街のお店のサービスだの(対象のお店は繁盛店で行列もできている、サービスもよくはないが、悪くもない)と昔から主張がつよかった、触れた問題がアンタッチャブルだっただけなのかも。(2014/05/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長