• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

CDが売れない穴はライブで埋める

音楽業界、今こそ顧客志向へ転換を

2014年5月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年に続くポール・マッカートニーの来日公演は、彼の体調不良により東京と大阪の4公演すべての中止が発表された。4公演で約17万人を動員する大規模なもの。さらに、ビートルズ来日から48年ぶりに開催予定だった日本武道館公演では、アリーナ席が10万円という価格ながら、予約開始からすぐに売り切れとなるなど話題を呼んだ。

 高額のチケット、あるいは数万人を動員するライブは、今となっては珍しいものではない。市場経済において、貴重なものに高い値段がつくのは当然のこと。とはいえ、ファンがどこまでこの波について行けるのかは疑問だ。

大規模化、チケット価格上昇が続く

 高価なチケットでは気軽にライブへ行けなくなるうえ、数万人規模のライブは、大人数でアーティストとの時間を共感できたという満足感を得られるかもしれない。だが、1人当たりの満足感はどうしても薄くなってしまう。ただ、顧客満足とは裏腹に、スタジアムなどを活用した大規模なコンサートは年々増え続けている。

スタジアム、アリーナでの公演回数推移
出所:コンサートプロモーターズ協会
年間動員人数と総売上高の推移
出所:コンサートプロモーターズ協会

 コンサートプロモーターズ協会が、会員に対して調査して毎年発表している「ライブ市場調査データ」によると、スタジアムやアリーナといった大規模公演は、2003年には国内アーティストが551回、海外アーティストが79回だった。それが、2013年には国内アーティストが1162回で2.1倍、海外アーティストに至ってはが416回と5.2倍に膨れ上がっている。

 コンサートプロモーターズ協会の担当者によると、「ここ数年、スタジアムでのライブが増えつつある。そのため、これまで同じ括りで集計していたが、昨年からスタジアムとアリーナを別々に集計するように変えた」というほど。

 公演全体における年間の動員数は2003年で1802万人が3886万人に2.1倍。総売上額は同942億円が2.4倍の2318億円に伸びている。動員数以上に総売上額が伸びていることからも、チケットの価格上昇がうかがえる。

コメント6

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「CDが売れない穴はライブで埋める」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長