• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ビッグデータが変えた「知識よりもデータが偉い」?

2014年5月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近お会いする人や、編集者さんから「ビッグデータ活用のサイエンス、執筆、ノッてますね」などと言われるようになりました。ありがたいコメントですが、舞台裏はさにあらず。

 例えば前回は、30年に渡る、認知科学(理論言語学を含む)や人工知能、コンピュータサイエンス、そしてナレッジマネジメント等のビジネスモデル化研究の実務経験を俯瞰して、現在の視点から捉え直しました。それに加え、参照したSF小説を取り寄せて読み返したり、自ら出場したクイズ番組での準優勝シーンの動画を分析したり。こうして着想したアイデアをもとに、人工知能の近未来を予測して、それを簡潔かつ平易に表現するのは大変難しい仕事です。

 引き続き精進してまいりますが、少しリラックスして情報提供し、メンバーの方との相互交流を図る場を用意いたしました。執筆に際して、実際に最終的に採用した素材以外の関連情報や、執筆の舞台裏をこぼれ話として、映画DVDの未公開シーンよろしく、こちらに書いてまいります。ご覧いただくために、このフェイスブックページ「リアルタイムCRM」への「いいね」を頂戴しております。メッセージや、タイムラインへのコメントでご意見も賜ることができますので、ご利用いただけたら幸いです。

知識と情報の違いをどう捉えるか

 さて、前回の末尾でお出ししたクイズの回答です。

 問:Wordなどのワープロ文書は知識でしょうか情報でしょうか?

 答:どちらでもあります。

 なーんだ、このやろー、と石を投げないでくださいませ。どんな状況で知識となり、どんな状況では情報となるか、1枚の絵で明快に図解しますので。次の図をご覧ください。

 これは、非常にシンプルな情報処理モデルです。いわゆるホワイトカラー業務(図中ではもう少し一般化して「知的生産ユニット」)は、情報加工がその本質といって良いでしょう。

 一個人でも、作業チームでも良いですが、情報加工を担うからには、入力情報を受け取って、その加工手段や加工方法(これは工場では工作機械や作業手順書に相当)を用いて情報を加工し、出力します。工作機械や作業手順書に喩えられたのは、入力情報をどうさばいて加工するかの知識です。そう、知識とは「使う」ものなのです。

 作業手順の標準を記したハンディ・マニュアルのことを日本語で「手引き」と呼びます。いつでも携帯して手でめくって読んで、情報処理を行い、判断し、行動や発言という「出力」に結び付ける。これこそ知識の働きにほかなりません。

 クイズにあった「Word文書」とは、記述媒体に過ぎません。そこに記述された内容が、入力情報として使われるのか、いや、入力情報を加工する作業手順書のような知識として使われるのか、それとも、出張など情報収集・加工プロセスの結果として出力される情報、すなわち出張報告書に相当するのかで、情報か知識か、違ってくるというわけです。

  • 情報処理・「加工」(・判断) を司るマニュアルとしての文書なら【知識】
  • 加工される対象の「入力情報」として外部から取り込まれるなら【情報】
  • 自分のところの知識を使って入力情報を加工し付加価値を付けて知的生産の結果としての文書を出力したものは、【情報】

 入力情報からヒントを得て、それを参考に毎回、知識を創造しながら情報加工を行う創造的業務もあれば、ホワイトカラー業務、事務作業とはいいながら完全な定型作業もあるでしょう。若干のバリエーションの違いはあっても、情報加工モデルを前提にすれば、情報と知識の位置づけを図のようにきれいに整理することができます。

コメント0

「Dr.ノムランのビッグデータ活用のサイエンス」のバックナンバー

一覧

「ビッグデータが変えた「知識よりもデータが偉い」?」の著者

野村 直之

野村 直之(のむら・なおゆき)

メタデータ株式会社社長

NEC、MIT人工知能研究所、ジャストシステム等を経てメタデータを創業。ビッグデータ分析、ソーシャル活用、機微情報の匿名化ソリューションなどを提供中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師