• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ジム・ロジャーズ氏「日本株は上がる、だがいつか全部売る時が来る」

親日投資家が語る日本の未来

2014年6月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月上旬、筆者はシンガポールへ出張した。主な目的は日本株のセールスイベントの取材だが、その他にもシンガポール独特の建築物の取材などを行った。シンガポールは狭い国なので、2時間あれば国内をぐるりと1周できてしまう。

 そして、シンガポールに来たからにはぜひ会いたい人がいた。米国人の著名投資家、ジム・ロジャーズ氏だ。2007年からシンガポールに移住している。筆者は約2年半前の2011年12月、シンガポール植物園の近くの閑静な住宅街にある彼の家を訪ねた。当時筆者は妊娠7カ月だったが、彼は私を見て「仕事より、子供を産むのは大事なことだ。日本はこれから人口が減るからね」とうなずいてくれたものだ。

 彼がシンガポールに移住した理由は現在11歳と6歳の2人の娘たちのため。彼は、将来的に世界は「アジアの時代」になると考えている。従って娘たちには中国語ができなければならないとしている。

 中国語ができる筆者はその際、長女のハッピーちゃんと中国語で会話したが、それは見事な発音だった。その後2012年に生まれた私の娘はちょうど先月、2歳になったばかりだ。幼い頃から教育方針がこんなにしっかりしているとは・・・・・・と思うと少し焦る。

 そんなことを考えながら彼の家に向かった。シンガポールに行く直前、「今週そちらへ行きますが会えませんか」とメールすると、「ニューヨークからちょうど帰ってくる日だけど大丈夫だよ」との返事が返ってきた。ありがたい。

コメント16件コメント/レビュー

ロジャース氏は経済学者ではないのですからハイパーインフレについて誤解していても仕方がないでしょう。個人投資家にとっては理由はどうあれ相場に勝てばそれでいいのですから。一年前どころか、5分前のことも忘れるようにしないと勝ちは覚束きません。バフェット氏などどは真逆の投資家ですよ。(2014/06/13)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ジム・ロジャーズ氏「日本株は上がる、だがいつか全部売る時が来る」」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ロジャース氏は経済学者ではないのですからハイパーインフレについて誤解していても仕方がないでしょう。個人投資家にとっては理由はどうあれ相場に勝てばそれでいいのですから。一年前どころか、5分前のことも忘れるようにしないと勝ちは覚束きません。バフェット氏などどは真逆の投資家ですよ。(2014/06/13)

ジム・ロジャーズの著作は数冊拝読し、彼の講演会に足を運んだこともありますが、基本的にジム・ロジャーズは政府および中央銀行の関与を極端に嫌います。よって、中銀の金融緩和に対しても一貫して否定的です。しかしながら、もしリーマンショックの時に政府や中央銀行が行動せず、推移を見守るだけだったら、世界は一体どうなっていたのでしょうか?彼に言わせれば、創造的破壊に繋がる大不況もまた良しということなのかもしれませんが、彼のような金持ちは別にしても不況の影響をモロに受ける一般市民はたまったものではありません。(2014/06/13)

ハイパーインフレなんかあるわけないだろ。(2014/06/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授