• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「50ドルで我が子譲ります」「それなら」と集めた金額ただ今9万ドル

2014年6月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 想像してください。目の前にいた赤ん坊があまりに可愛いので「写真を撮ってもいいですか?」とその親に声をかけると「50ドルで譲ります」と言われたとしたら…。非現実的にも思える状況に実際に遭遇したとしたら、あなたなら一体どうするでしょうか?

 これはある写真家の身に実際に起きた出来事でした。彼はそれをきっかけに驚く行動に出ました。そんな動画が今話題になっています。

 とてつもなく大きな問題を前に、自分のスキルや経験を活かした方法で取組みをはじめる。その姿に世界の多くの人たちが注目し、支援が広がっています。

 今回はそんなストーリーを紹介したいと思います。

 ネット動画はアイデアの宝庫、それでは今週もいってみましょう。

今年は父の日動画も熱い

 冒頭の写真家のストーリーに入る前に、父の日が近づいていますので、先に親子関係について眺めるところからスタートしましょう。

 これまでネット動画の世界では、母の日には趣向を凝らしたさまざまな動画が出ていましたが、父の日はどちらかというと少し盛り上がりに欠けていました。

 ところが今年は父の日をテーマにしたさまざまな動画が出てきて盛り上がっています。

 そんな中からカナダのウエストジェット航空のものを紹介します。

 この動画は、離れ離れで暮らすグリマードさん一家に航空会社が親子の時間をプレゼントしようと企画されたものです。

 「家族から離れて暮らさねばならない父親なんて一人もいない」

 そんなメッセージで動画はスタートします。

 マーク・グリマードさんの次男ジョエルくんは、先天性の心臓病で幼い頃から病院通いを余儀なくされています。母親はつきっきりで看病。7歳の長男は父親と二人で離れた場所で暮らしていると言います。

 家族が離れ離れになっている二重生活で金銭的にも精神的にも「時々つらいですね」と母親のアンジェラさんは語っています。

 ウェストジェット航空は母子が過ごす施設からその情報を入手し、父の日を前に、その父マークさんに、親子の時間をプレゼントしようと計画します。

 しかし問題はマークさんの仕事です。父親としては可愛いわが子とできるだけ頻繁に会いたい訳ですが、仕事の休みは取りづらい。

 そこでウェストジェット航空は、自社スタッフを研修目的でマークさんの職場に派遣し、5日間マークさんの仕事を肩代わりするという名目でマークさんの勤務先と交渉、マークさんに航空券をプレゼントします。

「金曜動画ショー」のバックナンバー

一覧

「「50ドルで我が子譲ります」「それなら」と集めた金額ただ今9万ドル」の著者

鶴野 充茂

鶴野 充茂(つるの・みつしげ)

ビーンスター株式会社 代表取締役

コミュニケーションの専門家として幅広く活躍。リーダーに効果的な伝え方をアドバイスするほか、全国規模のPRプロジェクトに携わる。著書は30万部超のベストセラー「頭のいい説明すぐできるコツ」など二十数冊。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長