• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

同族企業の方が、むしろ社会に貢献する

オーナー経営ならではの3つの強み

2014年6月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本連載は、昨年まで米ビジネススクールで助教授をしていた筆者が、世界の経営学の知見を紹介していきます。

 さて、最近は「同族経営」に今まで以上に注目が集まっている印象があります。例えば先月には、3年前に経営破綻したバイオ業界の有名同族企業「林原」の林原建元社長が、『林原家 同族経営への警鐘(日経BP社)』というタイトルの本を出版して話題になりました(関連記事)。

 ほかにも、少し前なら大王製紙事件のように、日本では企業トラブルの背景として、その同族性が指摘されることが多くあります。しかし他方で、星野リゾートの星野佳路社長が本オンラインの連載で「ファミリービジネスは宝の山である」と主張しているように、最近はその意義を再評価する動きがあるのも事実です。

 実は、世界の経営学とファイナンス分野の研究では、統計分析を使った実証研究の成果から、星野社長と同じような主張がされています。すなわち、同族企業は業績が悪くないどころか、実はむしろ非同族企業よりも「業績が高く」、しかも「社会に貢献する」可能性も主張されているのです。

 今回は、世界の同族経営の研究成果について紹介しながら、日本への示唆を探っていきましょう。

同族企業は、日本だけに多いのではない

 まずみなさんに知っていただきたいのは、「同族企業というのは、日本だけで多い企業形態ではない」ということです。同族経営が経済活動に占める比率が高いのは、多くの国で共通することなのです。

 例えば、米ハーバード大学のラファエル・ラポルタらが1999年に「ジャーナル・オブ・ファイナンス(JOF)」に発表した論文では、世界27カ国の企業規模上位20社についてデータ分析を行い、「創業者一族が株式の20%以上を保有している企業」の比率は、27カ国平均で約30%にもなることを明らかにしています。アルゼンチンではこの比率は65%ですし、ベルギーでも50%、メキシコではなんと100%になっています。

 同様に、米アメリカン大学のロナルド・アンダーソンらが2003年にJOF誌に発表した論文でも、米S&P500にリストされる企業のうち、3分の1が同族企業であることが示されています。

 日本はどうでしょうか。日本の同族企業について最も包括的なデータ分析をされている1人は、京都産業大学の沈政郁(シム・ジョンウッ)准教授です。沈准教授らが2013年に「ジャーナル・オブ・フィナンシャル・エコノミクス」に発表した論文では、2000年時点で日本の上場企業1367社のうち、約三割が同族企業であることが示されています。

コメント2件コメント/レビュー

同族会社は二つに分けられます。公開会社と非公開会社です。非公開会社は創業者からの事業継続のため(相続税、借入金の個人保証)仕方なく血縁者が引き継がざるを得ません。引き継いだ人が適正なら問題ないのですが、往々にして未亡人や子息にその才が無く会社の経営がおかしくなることがあります。公開会社は簡単に経営権を移せますが、非公開では無理なのです。同族会社に問題が多く見られるのはこんな原因があるのです。資本と経営の分離ができないことこそ問題なので借入金の個人保証を廃止すれば、より良い経営者へ引き継げ、同族会社のままより良い経営が期待されます。(銀行の一言「社長が変わるのはいいですよ。今の借入金を全額返済してください!銀行は会社の経営に貸したのではなく、あなたの個人資産に貸したのですよ」)(2014/06/24)

「MBAが知らない最先端の経営学」のバックナンバー

一覧

「同族企業の方が、むしろ社会に貢献する」の著者

入山 章栄

入山 章栄(いりやま・あきえ)

早稲田大学ビジネススクール准教授

1996年慶応義塾大学経済学部卒業。98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。2008年、米ピッツバーグ大学経営大学院より博士号(Ph.D.)を取得、米ニューヨーク州立大学ビジネススクール助教授を経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

同族会社は二つに分けられます。公開会社と非公開会社です。非公開会社は創業者からの事業継続のため(相続税、借入金の個人保証)仕方なく血縁者が引き継がざるを得ません。引き継いだ人が適正なら問題ないのですが、往々にして未亡人や子息にその才が無く会社の経営がおかしくなることがあります。公開会社は簡単に経営権を移せますが、非公開では無理なのです。同族会社に問題が多く見られるのはこんな原因があるのです。資本と経営の分離ができないことこそ問題なので借入金の個人保証を廃止すれば、より良い経営者へ引き継げ、同族会社のままより良い経営が期待されます。(銀行の一言「社長が変わるのはいいですよ。今の借入金を全額返済してください!銀行は会社の経営に貸したのではなく、あなたの個人資産に貸したのですよ」)(2014/06/24)

 江戸の大店では、息子より娘が生まれることを喜んだとか。息子がボンクラでもなかなか切れないが、娘なら手代の中から見どころありそうなやつを婿にしたり、取引先との縁談など有利な点が多かったからだとか。外部から婿養子を迎えた方が業績がいいというのは、面白いですね!例の「量産型ザク豆腐」を作った豆腐屋さんも、確か婿養子でしたっけ。LO重視も、四半期ごとの株価に一喜一憂する雇われ社長では難しいかも。(2014/06/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長