• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「いいね!」が作る危ない上下関係

「承認欲求」よりも「貢献感」を意識する

2014年7月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 承認欲求は誰にでもあると一般には考えられています。アドラーはこの「承認欲求」について、存在こそ認めますが、そこに依拠することの危うさを述べています。なぜなら、承認欲求に由来する問題というのが、世の中にはたいへん多いのです。承認欲求のどこに問題があるのか、どうすればこの欲求から自由になれるかを考えてみましょう。

 子どもが結婚する時、大抵の親は反対します。たとえ強くは反対しなくても、最初から手放しで子どもの結婚を祝福する親は少ないように見えます。自分の好きな人と結婚して親を悲しませたり怒らせたりするか、あるいは、自分が好きな人と結婚することを諦めて親を悲しませたり怒らせたりしないという2つの選択肢しかないといっていいくらいです。

 好きな人と結婚し、かつ、親が怒ったり悲しんだりしないということはありえないのだと思っておけば、親の反対は容易に予想できることです。よって、台風が過ぎ去るのを待つように、親の混乱状態が収まるのを待てばいい。子どもが結婚する時に親がどんな感情を持つにせよ、その感情は親自身が自分で何とかするしかありません。子どもに解決させる、つまり、親が望む人とのみ付き合ったり、結婚させたりすることは不可能なのです。

「承認欲求」とはすなわち「他者の意志」を優先すること

 自分の人生なのですから、自分の好きな人と結婚できないとか、親が勧める結婚をするというような選択肢はありえないと私は思うのですが、親を悲しませないために好きな人との結婚を諦める人もいます。そのような人は、結婚は2人のためだけのものではないので、親が自分の結婚を承認してくれなければ、自分が好きな人と結婚しても意味がないと考えるのです。

 承認欲求の問題の一つは、ここにあります。自分のことなのに、他者から承認されたい人は、自分の意志ではなく、他者の意志を優先してしまうのです。

コメント4

「アドラーに学ぶ 人と人の間のこと」のバックナンバー

一覧

「「いいね!」が作る危ない上下関係」の著者

岸見 一郎

岸見 一郎(きしみ・いちろう)

哲学者/日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問

1956年、京都生まれ。現在、京都聖カタリナ高校看護専攻科、明治東洋医学院専門学校教員養成科、鍼灸学科、柔整学科非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック