• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

長野にいる豊田章男社長の「先生」

伊那食品会長、塚越寛氏の経営論

2014年7月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「色々な形で勉強させてもらっています」。トヨタ自動車の豊田章男社長がインタビューの中で、こう紹介した企業経営者がいた。「かんてんぱぱ」で知られる伊那食品工業(長野県伊那市)の塚越寛会長だ。トヨタの社長が学ぶ塚越氏の経営とはどんなものなのか。伊那を訪ねた。

 タクシーを降りて、「場所を間違えたかな」と心配になった。目の前に広がっていたのは、会社というよりも、広大な緑地公園のような景色だったからだ。案内図には、蕎麦屋やカフェ、絵画作品の展示場が記してある。ところどころに花壇があり、観光客の姿も見える。「やっぱり、間違えたな」。そう思った時に、案内図の右のほうに、伊那食品工業・本社と載っているのを見つけた。公園に見えた一帯は紛れもなく、「かんてんぱぱ」など寒天製品を製造・販売する伊那食品工業(長野県伊那市)の敷地だった。

伊那食品工業の塚越寛会長

 「それはね、私の挑戦ですよ」。応接室に現れた伊那食品の塚越寛会長に「公園みたいですね」と驚きを伝えると、そんな返事が返ってきた。そして、塚越氏はこう続けた。「社員を大事にする、環境を大事にする、地域を大事にする。それでもちゃんと経営ができるんだっていうのを証明するのが私の挑戦。売り上げをいくらにするとか、利益をいくらにするとかじゃないんだよ。日本全国がここみたいになればいいって、私は思っているの」。

 塚越氏の発言を聞いた時、いくつかの記者会見の光景がフラッシュバックした。筆者は普段は自動車産業の取材をしている。そう、塚越氏の言葉は、トヨタ自動車の豊田章男社長が会見で語る内容と共通する点が多いのだ。それもそのはず。先日、日経ビジネスオンラインに掲載したインタビュー「危機で生まれ変わり、素直になれた」で「中小企業の方々に学ぶべき点が多い」と話す豊田氏は、伊那食品・塚越氏の経営についても「勉強させてもらっている」と語っていた。確かに、豊田社長が最近よく使う「年輪を1つずつ重ねる」という表現は、塚越氏の著書「リストラなしの『年輪経営』」(光文社)に通じる。トヨタの社長が学ぶ塚越氏の経営方針とはどんなものなのか。

コメント2

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「長野にいる豊田章男社長の「先生」」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長