• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最高所得税率が75%だったニッポンのあの時代

「太陽にほえろ!」で考える日本の所得税率

2014年7月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 どの刑事ドラマにハマったかで、その人がどの世代に属しているかが分かる。高齢者は「七人の刑事」(1961~69年にテレビ放映)、中年は「太陽にほえろ!」(1972~86年にテレビ放映)、若年層は「踊る大捜査線」(1997年にテレビ放映、映画は1998~2012年に公開)だろう。

 筆者は「太陽にほえろ!」世代だ。高校生の頃、夕方に再放送されていたマカロニ刑事やジーパン刑事が活躍する「太陽にほえろ!」の初期の回を観ようとして自転車で急いで帰宅したことを、今も懐かしく思い出す。

 先日、関東のローカル局が当時の「太陽にほえろ!」を再放送していることを知り、「五十億円のゲーム」というストーリーを楽しんだ。調べてみると、当初の放映日は1974年1月4日。第一次石油ショックが発生した直後である。

 日本原子力研究センターから濃縮ウランを盗み、50億円を指定の銀行口座に振り込むよう政府に要求する知能犯グループと、故石原裕次郎演じる藤堂俊介係長率いる七曲署捜査第一係の面々との駆け引きを描く、緊迫感に満ちあふれた傑作である。

 当時はキャッシュディスペンサー(CD)の導入初期だったようで、犯人グループが地方都市で政府から脅し取ったお金をキャッシュカードで引き出す場合、地元の警察がかけつけても間に合わないだろうという藤堂係長のセリフもある。

 もっとも、この手法が実際の犯罪に結びついてしまうと社会的に批判されかねないとテレビ局側が懸念したのか、藤堂係長が捜査会議で発言している最中に画面が突然静止して、ドラマに出てくる「さくら銀行」の全国キャッシュサービス(ATM=現金自動預け払い機が登場する前の現金自動支払い機)について「このシステムを犯罪に利用することは実際には不可能です」という文字が数秒間、でかでかと写し出される一幕もある。

大金の強盗犯が時効をしのいでも、税務署が逃さない

 勧善懲悪の刑事ドラマなのでむろん、犯人たちが逮捕されて一件落着する。筆者が興味を抱いたのは、藤堂係長から聞いたとして捜査第一係の面々が最後に笑いながら話題にしていた内容である。

 仮に犯人がつかまらずに逃げおおせて、公訴時効(犯罪行為が終わった時から一定の期間が経過すると起訴できなくなるとした刑事訴訟法の規定)である7年が経過してから大手を振って現れた場合、大金を手にすることができたかというと、実はそうではない。

コメント4

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「最高所得税率が75%だったニッポンのあの時代」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長