• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“欧州のシリコンバレー”に足りないもの

突き抜けた人材はどこにいる?

2014年7月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

6月中旬に開催された「ロンドンテクノロージーウィーク」。イベント初日に会見を開いたロンドン市長のボリス・ジョンソン氏はロンドンのハイテク産業の成長ぶりに自信を見せた。

 6月中旬、ロンドンで「ロンドンテクノロジーウィーク」と呼ばれる大規模なハイテク系イベントが開催された。ヨーロッパ全土から起業家やエンジニア、投資家、政府関係者が参加、1週間に渡って延べ200以上のイベントがロンドン市内各地で繰り広げられた。

 「ロンドンのハイテク産業はまだ黎明期だが、既に英国経済に多大な恩恵をもたらしている」。主催者の1人に名を連ねたロンドン市長のボリス・ジョンソン氏は、イベント初日に開いた記者会見でこう述べ、ロンドンのハイテク産業の取り組みを大々的にアピールした。結局、延べの参加者は3万人超だったと言うから、この手のイベントとしてはまずまずの入りだったのだろう。

 驚いたのは、ロンドン市の広報機関がイベントに合わせて「ロンドンのハイテク企業の集積ぶり」を複数の調査会社に依頼し、報告書を2冊も発表していたことだった。

 それによれば、ロンドンは技術・情報分野の就業者数が2013年に38万2000人を記録、2009年から11%増加した。オックスフォードとケンブリッジを含めたロンドンのハイテク産業の雇用増加ペースはシリコンバレーよりも速いという。別の報告書では、ロンドンのハイテク産業は今後10年間で120億ポンド(約2兆円)の経済活動と4万6000の新たな雇用を創出すると予想している。

 会見でジョンソン市長はこれらの報告書の内容を引きながら、「ロンドンのハイテク産業はシリコンバレーを凌ぐ勢いで成長している」と強調。ロンドンがシリコンバレーに匹敵するイノベーション創出の場となっていることをアピールした。

 「シリコンバレーを凌ぐ」は言い過ぎだろう、というのが正直な筆者の感想だが、ロンドンがハイテク企業の誘致・育成に熱心に取り組んでいることだけは確かだ。ネットを核とした技術やビジネスモデルに取り組むスタートアップの集積地を欧米では「テック・ハブ(拠点)」と呼ぶが、欧州各国の大都市では今テック・ハブ化の機運が高まっている。

 もちろん、そのお手本は米サンフランシスコを含むシリコンバレー。しかし、ここ数年の欧州におけるテック・ハブ化の動きは独自の進化を遂げつつある。その辺りのスタートアップ事情については準備している別の企画に譲りたいが、今回はロンドンを例に欧州各都市で高まるテック・ハブの取り組みを取材して感じたことを、書いてみたい。

コメント1件コメント/レビュー

1週間に渡って最近この使い方をよく見るが、漢字で書くなら常用外でも「亘って」でなないか?(2014/07/08)

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「“欧州のシリコンバレー”に足りないもの」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

1週間に渡って最近この使い方をよく見るが、漢字で書くなら常用外でも「亘って」でなないか?(2014/07/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長