• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

企業と流動する人材との関係

技術者には競争意識が必須の時代に

2014年7月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 グローバル人材の採用や育成などに向けて、採用側の企業が学生などに手厚い制度を導入する事例が目立ってきた。トヨタ自動車は理系女子への奨学金制度を、2015年4月をメドに導入すると発表した。ほかにもいろいろな制度を提供する企業があり、このように人材確保に心血を注ぐ企業には良い人材が集まるだろう。

 一方、ここ数年問題視されているのは、若者の理系離れである。これからの日本のイノベーション力を高める上で科学技術が中枢を担うのは間違いがない。日本政府も科学技術政策は最大の関心事項の1つとして取り組んでいる。そのためにも理系人材は今後ますます必要とされるにも関わらず、実態は伴っていない。

 ではなぜ、理系離れが進んだのだろうか。それには複合的な要因があげられるだろう。文系に比べて理系の授業料は負担が大きい(私立)、実験などでの授業の拘束時間が長い、企業のトップや役員になれるのは圧倒的に文系人材の方が多い、生涯年収は理系よりも文系が高い(一部に逆説もあるが)――などといった事実は多々ある。しかし、最大の原因は、理系の真の魅力が正しく若者に伝えられていないことではないだろうか。

 大学や研究機関の研究者の成果は、大きな社会変革を起こす可能性がある。企業技術者は、快適な社会を創る上で、大きく社会に貢献するものである。具体的な事例を上げれば枚挙に暇がないが、こういった技術者のやりがいを伝える力が不足しているように思え、非常に残念な気持ちになる。

サムスン流競争意識

 筆者が所属してきたホンダもサムスンも、高い技術力を元にしてイノベーションを起こし、そして社会に変革をもたらしてきた。理系人材が活躍できる土壌があった企業だと感じている。

 この両社だが、人材を育成するという観点では、大きな違いがあった。まずサムスングループ。人材をマニュアル的に育成する企業はほとんどないだろうが、階層ごとにある程度のプログラムを用意し研修教育していく企業はあり、サムスンはその典型だった。

 ただし、単に個々人を育成するという狙いではなく、むしろ同僚レベル間での競争意識を持たせることで切磋琢磨、自己開発、個々人の胆力を鍛えようとしている。よって、そのような競争意識に立ち向かっていけない新入社員も多く、実際に入社後3年以内で約30%が会社を去る。

 ホンダは人材を育てるが、サムスンは人材を競わせる。同様に、ゼロから研究開発に着手するホンダに対して、サムスンは基本的にM&Aで時間を買う――。このように、ホンダとサムスンでは企業文化や経営スタイルが大きく異なります。

 本書は、ホンダとサムスンで技術開発をリードした著者が見た日本と韓国の比較産業論です。サムスンという企業グループの実態に加えて、日本人ビジネスパーソンと韓国人ビジネスパーソンの特徴、日本の電機大手が韓国企業に負けた理由、日本企業がグローバル市場で勝ち抜くために必要なことなどを自身の体験を元に考察しています。ホンダとサムスンという企業を通して見える日韓の違いをぜひお読みください。

コメント4件コメント/レビュー

製造先を中国とかに移転したら国内で製造する人がいなくなくなり、理系の就職先がなくなるのは当然のことでしょう。ファブレスなんて言葉があるけど、自動車をはじめとする動く機械はパソコンで設計図さえ書けばいいというものではなく、実際に作っている現場とすり合わせをしないといいものができません。また、ホリエモンほか金融バブル長者が“労働者”をバカにしていたことも問題でしょう。彼らが実力を持って金持ちになるのはいいとしても、給料は低いけれども自分の仕事にやりがいと誇りを持っていた人は大勢います。そういった人達に対して給料の額だけで人間の上下が決まるかのような雰囲気を作ったマスコミと金融機関も問題でしょう。(2014/07/24)

「技術経営――日本の強み・韓国の強み」のバックナンバー

一覧

「企業と流動する人材との関係」の著者

佐藤 登

佐藤 登(さとう・のぼる)

名古屋大学客員教授

1978年、本田技研工業に入社、車体の腐食防食技術の開発に従事。90年に本田技術研究所の基礎研究部門へ異動、電気自動車用の電池開発部門を築く。2004年、サムスンSDI常務に就任。2013年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

製造先を中国とかに移転したら国内で製造する人がいなくなくなり、理系の就職先がなくなるのは当然のことでしょう。ファブレスなんて言葉があるけど、自動車をはじめとする動く機械はパソコンで設計図さえ書けばいいというものではなく、実際に作っている現場とすり合わせをしないといいものができません。また、ホリエモンほか金融バブル長者が“労働者”をバカにしていたことも問題でしょう。彼らが実力を持って金持ちになるのはいいとしても、給料は低いけれども自分の仕事にやりがいと誇りを持っていた人は大勢います。そういった人達に対して給料の額だけで人間の上下が決まるかのような雰囲気を作ったマスコミと金融機関も問題でしょう。(2014/07/24)

割と多くの一般的な学生にとって文・理の選択は将来の職業まで見据えたものではなく、単純に自分の科目の好き嫌いや得手不得手で判断していると思いますよ。そもそも文理はおろか計画的に大学や学科、研究室を選んでいるような学生は少数派ではないでしょうか。文系が増えているといっても、その増加分というのはそもそも明確な指針を持たず生きている、いわば浮動票のような人達でしょう。そして実際に日本の技術力を支えるような優秀な人材はマクロな統計が文・理どちらに傾こうが、世の流行が何であろうが関係なく存在していると思います。もちろん個々の学生が点数の取りやすさ、合格率などではなく、自分が何をやりたいのか真剣に考えた上で選べるようになれば良いと思いますが、それは理系に限った話ではありません。必要なのは遣り甲斐の伝達以前にまずは人生や働くということそのものを考えさせる教育ではないでしょうか。親や教師に勧められるままに受験している、自分の意思を持たない学生は結構います。(2014/07/24)

安倍政権の成長戦略の一環として日本の雇用慣行にメスが入り流動化が進めば、技術者のみならず成果を目指して社員の競争が激しくなることは明らかである。しかし、そのレースを経営側はゴールから見ているだけと思ったら大間違い、企業もまた自らレースを走らされることになることに気づいていない。リーマンショック後、企業はリストラと称して多くの技術者を使い捨てにした。御恩と奉公で結ばれた絆を企業自らが破壊したのである。しかし、企業のノウハウは組織に宿るものではなく個人に帰属する。見捨てられた技術者はサムスンをはじめライバル企業に拾われ、そこで古巣に仕返しをした。今の日本のメーカーの苦境は自業自得である。雇用の流動化は、せっかく育てた人材も簡単に流出することを意味する。技術者が企業を選ぶ時代も同時に到来するという覚悟が必要である。(2014/07/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長